AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 LOST VAPE FURYAN 【メカスコ】

f:id:godsize:20180622153701j:image

FURYANとはアイスランド語で「憤怒」とか「激怒」という意味なんだそうな。

 

2018年5月頃から時々SNSで見かけていたLOST VAPEFURYAN。いち早く取り扱いを始めたFLAVOR KITCHENで現物を拝見する機会があったものの、メカスコは別にいいかな〜次はテクスコかな〜という思いもあって、一旦見送り。(RISCLEPIRATE KINGを購入した時のことだったと思います。)

概ね外観は凄く気に入っていたのですが、バッテリーチューブのカーボンがどうもよろしくないなと。YOUTUBEのレビュー動画を眺めていたところ、分解して何とかできそうなので、何とかする具体的なアイデアが固まったら。。。程度に記憶の中の購入リストにボンヤリと。

 

それから1ヶ月ほど経ったある日、FURYANのマイナーチェンジの噂。懸念になっていたバッテリーチューブがカーボンからブラスに変更されたようです。初めからそっちの方が良かったんじゃね?などと思うところはありますが、あとはタイミングさえあれば、という段階まで進んだわけです。

 

 

 

 

別件

VAPE SHOP Hookahsでリキッドを購入。

ポチってから2時間後、¥1,000offのクーポンを発行するよ〜のお知らせ。

何なん?

マジで何なん?

それを前後して、VAPE SHOP Hookahsにいろいろ入荷したとのツイートを発見。

ん?

あるじゃん。

数日後、web shopの方にアップされて。。。

 

 

ポチっとな。

(¥1,000offっとな。)

 

 

リキッドが届いた日の翌日に届く。リキッドはゆうパケットで、FURYANはゆうメール。それぞれの注文の総額は同じくらい。ゆうパケットは追跡できて、注文から土日を挟んで4日後に到着。ゆうメールは追跡できないけど、注文の2日後に到着。1件の注文あたり粗利に対する送料コストの云々とか無粋な詮索はしませんが、そういうことです。

細かいことは気にすんな。

 

封筒をビリビリ〜と破って。

プチプチにシッカリ包まれてます。

 

シュリンクが付いたままだといろいろと写り込むしね。

マイナーチェンジしたけど、パッケージの写真はそのまま。

というのは今回購入したamberではない、blackの方。

パッケージの写真ではblackとsilver(SS?)の組み合わせですが、実際はblackとbrassとなっています。

ところが、

この記事を書いてる最中、blackとsilver(SS)の組み合わせのヤツが限定で…云々という噂が。

へー。

 

スリーブを印刷し直せばいいだけなのにね。

刷り過ぎちゃったのかな?

要らぬトラブルの原因をそのままにすることはよろしくないですな。

 

このあたりのパッケージデザインの作り込みはよくできてらっしゃるなと。

LOST VAPEってこういったデザインは頑張ってるなーとは以前から思ってはいました。ほかにはDNAを搭載したレギュレーテッドMODを沢山出してる程度の認識しかありませんが。。。

 

包むんだったら、違うヤツの方が傷が付かないんじゃない?と思ったりしましたが、気にしない。

 

ここが変わったトコです。

ここだけ?

いや、それでいいんだけど。

 

18650バッテリーを使う場合はこのアダプターを使うんだそうな。

 

BFボトルは予めMOD本体に装填されているのを含めて3本。

他のスコンカーには使い回すことができない特殊な形状です。

ここのところBFボトルにいろいろヤキモキさせられているので、使ってみてどうなるものか。

それ次第で使わなくなる可能性もあります。

 

今回はしばらく使い道を失っていた20700バッテリーを使っていきたいと思います。

元々、別の某メカチューブ用に購入したバッテリーだったのですが、どうにもこうにも使い物にならず、チューブがアレなのかバッテリーがアレなのか?

というのもあったので、その検証も含めて、使ってみたいと思います。

 

パフスイッチのロック機構が付いています。

絶対に大丈夫とか安全だとかそういった過信は禁物ですが、持ち運びのストレスは多少軽減されるかなと。

パッと見でLOCKのon/offが視認できるのはイイと思います。

ただ、LOCKのon/offでパフスイッチの押し心地に殆ど差はありません。

ちゃんと確認してから使えばいいだけのこと。

 

その他、付属品です。

まだちゃんと読んでません。

 

お蔵入りしていたMAZE V3を乗せてみました。

2018年3月末に開催されたVAPE EXPO JAPANの時までは使っていたのですが、合わせて使っていたRAM BOX MODが木目と垂直方向に割れはじめたのをキッカケにそのままマルっと棚の奥に追いやられていました。

FURYANに合うアトマイザーというと、ブラスとかPEIのトップキャップが付いているRDAがいいんだろうな…と思っていたのですが、MAZE V3を乗せてみたところ、なかなか納まりが良さげです。

 

MAZE V3の中もあの時からそのままだったので、なかなかの熟成具合でした。

しかも

トップキャップを外したら、とんでもないオイニーが。。。

とりあえず、動作確認をするだけして、即分解。

そのまま台所の流しにブチ込んで、洗剤でガシャガシャ洗って、こびりついてる汚れは綿棒でグイグイ。

多少の臭いは仕方がない。

スグ慣れる。

人間の嗅覚なんざたかが知れてる。

 

まあまあ乾いたので、サクッと組んでしまいました。

なんとなく初めてのパラレル。

だいたい5〜6巻かな? 0.20〜0.22Ωになりました。

18650バッテリーだったら、メカでこんな抵抗値のコイルを組むことはありません。

20700バッテリーだからこそといったところ。

とは言っても、まだこのバッテリーに疑念は残ったままです。

このまま、しばらく使ってみて、あっという間にパワーダウンするようなコトがなければ、このバッテリーは大丈夫だと思います。

 

最後に充電してから数ヶ月ほどケースに入れたまま放置していた20700バッテリーをそのまま使ってみたところ、今まで感じた事のない程のパワフルさ。

これならイケるかー。

ところが、バッテリーを満充電にして使ってみたところ、なんだか大人しくなってしまったような。。。

気の…せい…?

とは言っても、それなりのセッティングなので、それなりのミスト量。

普段使いなセッティングではないので、使い所はわきまえて。

それでも。。。どうなんだろ?

もうしばらく使ってみないと何とも言えないけど、こんなもんなのかもしれません。

充分といえば充分。

 

バッテリーのことは兎も角。

ここのところ悩まされることの多いBFボトル。

漏れとかは無さそう。

ただし、蓋はシッカリ閉めておかないと。

そう思ってギュッと閉め込むと、ボトルの外にチューブが出てない分、リキッドが吹き出やすい。

でも、このBFボトルに限った話ではないので、大した問題ではないかと。

 

 

 

FURYANについては概ね満足。

 

 

 

 

まとめます。

  • 大きさはasmodusのLUNAと同じくらいでした。
  • バッテリーチューブに薄〜い膜があるのね。ボロボロ禿げちゃったけど。
  • ブラスって思っていたよりスグ汚れるね。
  • スイッチ周りがキレイなままなので、スイッチ周りはブラスじゃなさそう。

 

 

SPEC

The first full mechanical squonker of Lost Vape
9ML innovative silicone bottle system
Compatible with single 18650/2X700 batteries
ULTEM with Brass chassis in an unique and luxurious impression
Body material: ULTEM / Brass / SS
Single 18650/20700/21700 compatitable
Coil resistance capacity 0.1-1.0 Ohm
Silver plated copper positive/negative contacts
Dimensions: 84mm*50mm*27mm