AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 Taiji mods Dead Pool 【TUBE】

f:id:godsize:20220524185703j:image

ついに来るとこまで来ましたね。

 

4本目のTaiji

 

Dead Poolを手に入れました。

 

まだ手に入れていないTaijiのmodはV3.5とV6とStormとなりましたが、たぶん、今回のDead Poolで一段落ということになりそうです。

 

4本目のTaijiって、

4本も要るかどうかと問われれば、「要らないんじゃない?」というのが真っ当な考えにはなりますが、昨今の事情からすると、今のうちに逝ってしまった方がいいような気がしまして、第一希望:赤漆、第二希望:フルブラス を狙って、Taiji祭に参戦することにしました。

戦果としては、第二希望のフルブラスを手に入れることになりました。

Dead Poolの入荷自体が少量だったこともあるので、手に入れられただけでも良しとしましょう。

 

 

アトマは?

んで、今回は購入(会計)まで済ませておいて、一旦、モノ自体は後日引き取りに伺うコトにしました。

その理由としては、上に乗せるアトマイザーが決まってなかったということがあります。

事前に上に乗せるアトマイザーのシミュレーションをしていましたが、イマイチ決め手に欠けるというコトもあるのと、想定していた赤漆ではなくフルブラスに乗せるコトになったので、更に再考しなければならなくなってしまいました。

それに、Taiji祭の日は、買い物が終わっても長居しちゃうヒトたちで店頭が混み合うので、後日改めてというコトにしました。

 

 

 

余談です。

今回のような散財の予定がありながら、一方ではオーディオ方面で、ちょっと気になるというか、今になって興味が出てきたモノがありまして。

CAMPFIRE AUDIOのANDROMEDAです。

深掘りは控えますが、界隈では名の知れたロングセラーの銘機です。

この日、上野から秋葉原へ移動して、eイヤホン秋葉原店に寄ってみました。

選択肢として、限定のANDROMEDAの中古も視野に入れておいた方がいいかもしれないなと。

その前に現行のANDROMEDA 2020を試聴した記憶がないので、併せて試聴してみました。

仕様的には2019年のマイナーチェンジ版と中身は変わってないようです。

 

ツイートしている限定のANDROMEDAのざっくりとした感想です。

  • ANDROMEDA CK Iceberg special edition

ピアノの和音が団子になるギリギリ手前のソフトな鳴り方をしていた。

  • ANDROMEDA special edition Gold

あまりANDROMEDAっぽくない強引な音の鳴り方をしているような気がする。

  • ANDROMEDA MW10

耳馴染みの良さげな鳴り方に寄せているような気がする。

 

似たような機種を比較試聴するのって、精神的に追い込まれるような感覚に陥ってしまうので、ちょっと疲れます。

 

結局のところ、どれがイイというかどれが好みに1番近いのかというところになるのですが、それぞれそれなりに説得力のある音だと思ったものの、ANDROMEDAらしさを求めるならば、現行品のANDROMEDA 2020なんじゃないかと思いました。

 

実際に購入することになったら、もう少し深掘りしますが、今のところ予定は未定です。

 

余談が長くなりました。

 

 

翌日、退勤後、サムライベイパーズに立ち寄って、Dead Poolを引き取ることになります。

 

 

では、本題です。

 

 

開封の儀。

今回はサムライベイパーズの店頭で開封の儀をしました。

たまには動画。

バラしました。

ハットの刻印が前回のdoubleよりもシンプルに。

前回のdoubleもかなりシンプルでしたが。

ボトムはロック機構付きのスイッチ。

今回入荷したモデルはスイッチのところがくびれているデザインになっています。

元々はdoubleの鬼会モデル用のデザインだったのですが、今回入荷した他のモデルもこのデザインのようです。

スイッチは前回のdoubleと同様にサムライベイパーズの刻印があります。

別売のTaijiの刻印が入ったスイッチ(カスタムボタン)も入荷したようで、聞いた話によると結構売れていたみたいです。

自分はTaijiスイッチは買いませんでしたが、自分と同じ思いのヒトがいるということなのかもしれません。

(詳しくはTaiji doubleの記事を参照して下さい。)

チューブです。

塗装のない無垢のブラスになります。

お手入れ大変。

doubleのスイッチと見比べてみました。

クビレがあることが大きな違いにはなりますが、それ以外に、チューブとの接続部のトコの面取りの有無の違いがあります。

Dead Poolの方は面取りされてないので、分解する際はちょっと注意です。

手持ちのRELOAD S RTAと組み合わせみました。

ドリチが赤いからかもしれませんが、ちょっとコレジャナイなと。

ドリチをブラスにすれば、しっくりきたのかもしれませんが、Taiji doubleと組み合わせているアトマイザーなので、一旦、コチラについては保留。

店頭のRELOAD RTAKEMURIのドリチ(ショート)と組み合わせてみました。

コレがいいんじゃないかと。

併せて、RELOAD RTAを購入。

 

普段持ち出しているTaiji double(Dead Poolスリーブ) + RELOAD S RTAと並べてみました。

たぶん、今後しばらくはDead Pool + RELOAD RTAをメインで使っていくことになるとは思います。

 

 

今回はこんな感じで、お茶を濁したいと思います。

 

 

 

まとめます。

  • フルブラスなんで、メンテナンスが大変。
  • 磨くだけなんだけどね。
  • クエン酸重曹
  • 最終的にはセラコートとか。
  • その前にズル剥けのTaiji V3の方をナントカ。