AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 DOVPO Blotto RTA Mini 【RTA】

f:id:godsize:20211002225929j:image

 

サブ機に求めるモノって何ですかね?

ある程度沼に浸かったベイパーならば、メインのセットアップとは別にもう1つサブ機をカバンの中に忍ばせていたりするのではないかと思います。

調子良く使っていたメインのセットアップが何らかのトラブルで使えなくなった時とか、喫煙所でカバンからサッと出して使えるセットアップとしてだとか、そういう時にサブ機があると重宝するんじゃないでしょうか。

そうなると、PODあたりが使いやすいというヒトも少なくはないと思うのですが、自分はPODを使うぐらいなら、手軽且つちゃんとしたセットアップを使いたいと思うわけです。

そういうコトもあって、

f:id:godsize:20210930210533j:image

このセットアップをサブ機として常にカバンに忍ばせています。

ただですね。。。

ここ最近、このセットアップのDRUGA RTAがあまりピンと来なくなってしまいまして。

購入した当初は『こういうのでいいんだよぉ〜』なんて思ったりしていたのですが、メインで使用しているセットアップと比べると、フレーバーの出方がボンヤリしているというか何というか、一言で言うと『モノタリナイ』と感じられて、コレはどうしたものかと。

マスプロのシングルコイルの爆煙RTAとしては、とてもバランスのとれた良いRTAだと思うのですが、もう少し突出した何かが欲しいなと。

というコトで、このサブ機のデバイスであるHASTURに乗せるRTAとして、 DOVPOのBlotto RTA Miniを購入することにしました。

 

 

なげーよ。

 

 

一言でいうと、

 

 

 

『DRUGA RTAに飽きちゃったから、Blotto RTA Miniを買いました。』

 

 

 

では、本題です。

 

 

Beyond Vape JAPANで買い物をしてみました。

セールの時にしか利用しないわけじゃないんです。

と言いたいところですが、ちょうど購入した時期に通販サイトリニューアルキャンペーンを開催していて、ポイントが10倍になるんだそうな。

あまりポイント云々というのに惹かれないのですが、貰えるモノは貰っちゃった方がいいんでしょうね。

 

そうですね。またですね。

立て続けに爆煙RTAを買い漁ってますね。

市場的にはあまり人気が高くはないカテゴリになりますが、そういうのは気にしません…というと嘘になります。

市場のニーズがそれなりに高まらないと、なかなかメーカーも生産に踏み切れないでしょうし。

このジャンルのアトマイザーは弾数が少ないので、ナントカ盛り上がってもらえないものかと思ったりします。

 

購入したモノを確認するだけにしようかと思ったのですが、この流れで開封の儀です。

 

中身が見えるパッケージのVAPEプロダクトを購入するのは久しぶりかもしれません。

 

わかるかな〜? わかんねえだろうな〜?

箱の底側に入っているモノを確認しようとしたら、ドクロベエ様の如く髑髏の何かが見えました。

コレについては後ほど。

 

中身を取り出しました。

 

紙類。

取扱説明書と合格証。

 

付属品。

よくあるヤツなので割愛するつもりでしたが、思わぬところで活躍するモノがあったりします。

それについては後ほど。

 

PEIじゃなくてPCTG

グリコール変性ポリシクロヘキシレンジメチレンテレフタレートなんだそうな。

もちろん、コピペです。

この手のRTAにバブルタンクが付属しているコト自体は珍しくはありませんが、こういうバブルタンクは初めて見ました。

 

もう1つバブルタンク。

合わせて2つもバブルタンクが付属しています。

どちらもタンク容量は4㎖。

 

例のドクロベエ様なんですが…。

ボトルオープナーなんだそうで、ビルドする時に使うモノとかではないみたいです。

 

本体をバラしました。

トップフィルリングとガラスチューブが外し難かったコト以外は特に問題なくバラすコトができました。

 

洗浄。

ここ最近は実店舗でVAPEプロダクトを購入するコトが多かったので、アトマイザーは店頭で洗浄だけやってもらっていましたが、今回は自分で洗浄しちゃいます。

見た感じは切削油や鉄粉といったモノは付着してなさそうだったので、しっかり水洗いだけ。

 

ドリップチップ。

クリアフロストの樹脂パーツとSSの2つのパーツで構成されているハーフインチのドリップチップ。

口当たりは良さげ。

 

デフォのタンク。

容量は2㎖。

爆煙RTAにしては容量少なめです。

チャンバーの容積が大きめなので、その分容量が少なくなってしまったのかなと。

 

一体成形されていて、分解できません。

トップフィルリングの穴はちょっと狭いようで、リキッドのノズルが引っ掛かって奥まで入らないようです。

チムニーはかなり短めで、盛大なスピットバックが予想されます。

チャンバーは全体のサイズからしても大きめ。

髑髏のマークの大きさが絶妙だと思うのは自分だけなんでしょうか?

自分だけのような気がします。

そんな気しかしません。

 

外形に倣って、ドーム状となっています。

 

側面のデザインというか凸凹のおかげで、指に引っかかって回しやすくなっています。

捻って付け外しをするタイプのトップキャップ。

 

斜め上からグルっとコイル囲うようにエアが出てくる構造となっています。

 

23.3㎜径。

あまり見聞きしたことのないサイズです。

径だけで言うと、axial RDAと近いサイズ感かと。

実際のところ、24㎜径と思ってしまってもいいのかな?と思います。

 

ポジティブピンは出てないように見えますが、絶縁がポジピンを出しろのところまで囲っているせいのようです。

 

AFCリングはヌルヌル動きますが、取り外しは出来なさそうです。

この手のアトマイザーならガバーっと開いていても良さそうなんですが。

 

コイルを巻いて、ビルドしようと思います。

 

コイルを巻いて、デッキにセットしようと、デッキのイモネジをマイナスドライバーで回そうとしたところ、イモネジがハマっている穴が小さくて、手持ちのドライバーでは入りません。

どうしたものか…と思ったのですが、付属品の中に入っていたオレンジの工具が使えました。

そりゃそうなんだけど、なんかアレ。

 

いつものDEMON KILLERのFLAME WIREでコイルを巻いたのですが、どのタイプで巻いたのか失念。

3㎜径の5wrapで0.2Ω(mod計測)。

そんなに難しそうには見えないのですが、あまりビルドしやすくはないデッキでした。

 

ウィッキングしてリキッドチャージして

という流れではあるんですが、最近この手のRTAのビルド動画を見ていると、少し手順が異なっていることがあります。

  1. コイルにコットンを通す。
  2. コットンを梳く。
  3. コットンの長さを揃える(切る)。
  4. コットンにリキッドをチャージする。
  5. コットンにリキッドを馴染ませる。
  6. 通電させてコットン臭を飛ばす。
  7. デッキのコットンホールにコットンを詰める。

今までは3の次は7→4→5→6と進めていたのですが、この順番でやってみたところ、乾いた状態のコットンをコットンホールに詰めるよりも、ちょっとやりやすいかも。

 

完成。

バラした各パーツを組み直して、タンクにリキッドをチャージ。

VVモードで3.7vで吸ってみました。

フレーバーはしっかり出ているのですが、予想通り、盛大なスピットバックで舌が火傷しそうに。

もう少し出力を下げてあげれば良さそうな感じ。

エアフローは全開でもスカスカというコトはなく、重めのDL…最近はRDLって言うのかな?

半分ぐらい閉めると冷却が間に合いそうもないので、エアフローは全開が良さそう。

 

タンク内部についてですが、デフォのガラスチューブとチャンバーの隙間がかなり狭く、リキッドがタンクの底まで降りていかず、途中で留まってしまうコトがあり、ちょっと気になりました。

 

 

んで、当初の思惑通り、HASTUR MODと組み合わせてみたのですが、抵抗値が0.2Ωだとそれなりに出力を上げないといけません。

少しずつ調整していった結果、60wあたりがちょうど良さげ。

HASTURの出力上限が88wなので、バッテリーの負荷とか消耗具合はなかなかのアレ。

チェーンなんかしたら、すぐ筐体がチンチンに熱くなってしまいそうな気がします。

そもそもの話になりますが、HASTURを爆煙アトマイザーと組み合わせるコトを「間違っている。」と強くは言いませんが、「そうじゃないよね。それだったら違うMODにしようね。」と優しく諭してあげる程度に間違っているんじゃないかと。

18650シングルバッテリーのレギュレーテッドMODで、出力周りの機能にブーストモードやカーブモードといったモノがないのであれば、爆煙での運用には向いてはいません。

 

ただ、今回の目論見はサブ機としての運用、つまり、『ちょっと使い』用としてなので、これでいいんです。

 

メインのセットアップとしては、コレジャナイ。

でも、サブ機だからアリなんです。

 

 

 

 

 

まとめます。

  • 使いやすいけど、ビルドしやすくはない。
  • 付属のドライバーでないと、イモネジが回しにくい。
  • エアフロー全開でもドローは軽くはない。RDLってヤツね。
  • AFCリングの動きは優秀。でも全開運用になるので。
  • リキッドチャージしにくい。トップキャップは気持ちよく外れるけど。