AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 dotmod dot AIO SE 【AIO】

f:id:godsize:20191219201955j:image

年内最後(であって欲しい)のポチっとな。

 

初dotmodです。

 

SE(special edition)ということで、既存のラインナップとは異なる、今までにないタイプの外観。

 

TLを眺めると釣られたベイパーは多いようで。(自分を含めて)

 

いち早く情報出しして、予約キャンペーンを打ち出していたフレキチで購入しました。

フレキチだったら店頭で購入できるのですが、諸々のやりとりが面倒だったので、楽天のweb shopでポチりました。

 

VAPCELLの18650のバッテリーがセットで付いてきました。

それとSMOKのRPM 40用のメッシュコイル(0.4Ω)も購入。

 

で、本命のdotmodのdotAIOです。

 

白を購入。

カラバリは2色あって、黒と白。

たぶん、白の方が人気があるんだろうなとは思いますが、ヒトとは違うモノが云々という他人と比較してまで好みではない色を選択するほど崇高な人間ではございませんので、パッと見の印象で白を選びました。

 

本体を取り出してみました。

iPhoneのカメラの性能的にエンボス加工が辛うじて見えるかな〜?といった感じです。

彫り込みはあまり深くはありませんが、老眼の裸眼でも視認できました。

通常モデルよりも少し重量が増えたとのことですが、通常モデルを携帯したり使ってきたわけではないので、あまり気にしていません。

お値段的には廉価版的な位置付けになるとは思うのですが、デザインでそう見せないところは、さすがdotmod。

 

反対側。

手持ちのMODと比べると一回り小さく、手持ちのPODと比べるとレギュレーテッドMODに近いサイズ感。

手で持ってみた感じで言うと、ちょいと中途半端な小ささかなと。

今までにないサイズ感なので、手に余るというか何というか。

 

充電用のUSBケーブル(Type-C)、取説、付属品の袋、MTL向けのドリチ、0.7ΩのMTL向けのコイル、ステッカー×2枚

付属品の袋の中身はOリングとAspireのコイル用のチムニーとか。

純正のコイル以外にAspireのNautilusのコイルが使えるのですが、その際はこのチムニーを取り付けるようです。

というわけで、一先ず、箱に戻します。

 

見えないところもお洒落。

 

カバー裏の窪みはエアの通り道なんですが、リキッド残量の覗き穴からもエアが入ってくるので、この通り道は必要だったのかは謎です。

 

ドリチは510接続。

完全にDL向けなのかというと、そういう訳でもなさそう。

どちらかと言えば、DLなんじゃないかな?ぐらいのドリチかと。

 

カバーの下には表示されるLEDの意味とかが載っています。

通常モデルにはこういった記載は無いようです。

欲を言えば、バッテリー残量についても記載してもらえるとよかったかも。

何となくわかるから要らんか。

 

タンク容量は2㎖。

特殊な樹脂でできているんで丈夫なんだそうな。

だからといって、何でも大丈夫ということはないんでしょうし、リモネンやらメンソールはなるべく避けておこうかと。

 

デフォで0.3Ωのコイルが挿し込まれています。

他に0.7Ωのコイルが付属していますが、このまま0.3Ωのコイルを使っていきます。

 

コイルベースにエアフローコントロールがあります。

噂で見聞きしたところ、まあまあスカスカらしいので、半分くらいまで絞って様子を見てみます。

 

チャージホールの位置的に満タンにはチャージできないようで、7割程度までしか入らないっぽい。

 

新品のバッテリーが付いてきたのですが、充電していないので、満充電の状態のVTC4で使ってみます。

 

リキッドがコイルのコットンにしっかり染み込むまで待ちます。

 

0.3Ωのコイルなのでフルパワーの4段階目の出力で使ってみました。

エアフローは狙い通りで、半分くらいまで絞っておけば良さげ。

 

今までに経験のした事ない独特な操作感というか何というか。

振動しないバイブレーターのような妙な使い心地。

ミストの出方は良いのに、ファイアボタンを押すと何とも珍妙な動き。

個体差なのか何なのか?

 

ムラサキのLEDが点滅している時はドライバーンプロテクションが作動しているらしく、勝手にパフがカットされます。

どの辺りでそのドライバーンしそうになっているのを検知しているのかわかりませんが、作動するタイミングが毎回異なります。

 

プリメイドコイルの出来が良いようで。

RBAキットはあった方がいいのかな?と思っていたのですが、このフレーバーの出方であれば、プリメイドコイルで充分かと。

知人に聞いたら、RBAキットはプリメイドコイルが無くなった時とかの緊急時に使うぐらいで、別に要らないとのコトでした。

おそらく好みによるのかな?とは思うのですが、実際に使ってみたら、RBAキットは要らないかも…とは思いました。

 

翌日、外に持ち出してみました。

 

ドライバーンプロテクションがやたらと作動するんで、ちょっとイライラ。

どちらかというと、自分のVAPEはロングドローというか超ロングドロー…いや、ゆっくりドローする派なので、1口5秒以上掛かります。

毎回吸ってる途中で勝手に止められたら、そりゃあイライラしますよね。

 

電源OFFはどうしたものかと。

ファイアボタンが敏感過ぎるのか、5回「ジュッ」と通電させて電源OFFになるって。。。コレはちょっとどうなんでしょ?

dotmodのMODって、みんなこんな感じなんでしょうか?

気にしなければいいだけですが、気になります。

 

カバーの下に書いてあるのを眺めていたら、どうやら出力調整のボタンを長押しで、ドライバーンプロテクションをOFFにできるようです。

コレで途中で止められるコトがなくなります。

 

ところが

 

だいたいこの辺でドライバーンプロテクションが作動しそうだなというタイミングを過ぎたあたりで急にフレーバーの質がワンランクダウンしたような味わいになり、その直後に軽くドライヒットします。

 

口をつけて2,3秒でドライバーンプロテクションが動き出すのは如何なものかとは思いますが、それなりに効果のある機能なのかなと思います。

 

 

というわけで、ドライバーンプロテクションをOFFにして、出力は2段階目がちょうどいいかもしれない。

 

 

 

 

概ね満足。

 

 

 

 

まとめます。

  • みんな持ってそう。他の人のヤツを持って帰っちゃうかも?
  • 自分に合った使い方があるんだろうね。たぶん。いろいろやってみよう。
  • そもそもドライバーンプロテクションってどんな仕組みなの?
  • RBAキットはホントに要らないの?同じくらい味が出るならあってもいいんじゃない?
  • ドリチは見た目ならデフォで。使い心地なら他のに替えた方がいいんじゃない?
  • 燃費はあまり良くはないし、タンク容量が少ないので、チャージ頻度は多くなりそう。
  • 漏れるとか漏れないとか気にしない。どうせそのうち漏れると思え。

 

 

 

 

 

【2019/12/24 追記】

2,3日使ってみて、モヤモヤ。

  • 見た目はいいけど、このドリチはよろしくない。
  • ドライバーンプロテクションが敏感すぎる。

このあたりをなんとかしてみたいと思います。

 

 

 

まずはドリチです。

パッと思い付いたのは、GRAMのMt.Fujiが良さげなんじゃないかと。

ただ、店頭在庫がある店が思いつきません。

そこで、直近でGRAMがPOP UPで出店したSHOPなら在庫があるんじゃないかと推測。

調べてみたら、2019年11月30日にM5+でPOP UPイベントがあったんだそうな。

他にも出店しているSHOPはありましたが、行ける範囲でいうと、M5+になるのかなと。

M5+に伺ったところ、510のMt.Fujiの在庫がありました。

最初はSSがいいかな?と思ったのですが、試してみたら、ユルユル。

Oリングを交換してみたりしましたが、どれも上手くいきません。

そこで、挿込口の径とドリチ側の径を測ったところ、サイズに0.1㎜程の差がありました。

そうなると極太のOリングがないと、ちゃんとハマらないかと。

そこで、Mt.Fujiの白デルリンに替えてみたところ、いい感じに。

ドリチを摘んで持ち上げても、すっぽ抜けなければ、合格です。

 

 

 

次はドライバーンプロテクションです。

ドライバーンプロテクションをOFFにしたら数秒でドライヒットするのは、使用日数からすると、ちょっとおかしくない?もしかしたら、ハズレのコイルを引いてしまったのでは?と。

beyond vape japanでコイルを購入してみました。

やはり、コイルがよろしくなかったようです。

クリアロのコイルの初期不良というと、初めて購入したスターターキットのコイルが1週間でダメになったっけなあ。

今回はそれよりも短期間でしたが。

翌日、コイルの中がどうなっているか見てみました。

ペンチとピンセットのみで、ここまで。

4ヶ所ともガワの内側にコットンがしっかり貼り付けられていて、剥がせませんでした。

ピンセットで突いてもなかなか破れなかったので、かなり丈夫なコットンなのかもしれません。

コイルを引き抜いて、コイルの周りにくっついていたコットンです。

1番内側のコイルに接していた部分のコットンは焼失していました。

コットンのへたり方としてはちょっと極端かな?

コイルは見事にガンクまみれ。

バラしてみましたが、正直、どこがどうなってこうなったんだかよくわかりません。

ちなみに使用したリキッドはBURSTのSuper MangoとICE MONSTERのMangerine Guava。

BURSTはフィリピンのリキッドなので、香料的にコットンへのダメージはそれなりにあるかもしれませんが、リキッドチャージしたのは1回だけ。

ICE MONSTERはJAM MONSTERの派生リキッドでJAM MONSTERほど濃厚ではなく、むしろアッサリ系なので、コットンへのダメージは比較的軽めではないかと。

購入から3,4日程度、無茶な使い方をしてないことから、ハズレのコイルを引いたのかな?と思ったのですが、これからどう気を付ければいいのか。。。

 

 

 

とりあえず、気になるところは解消できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、もう一つ、気になるところがありまして。。。

4段階の出力調整、Very Softでもけっこう強めじゃない?