AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 MASS MODS & UNICORN VAPES INC AXIAL RDA 【RDA】

f:id:godsize:20190309213238j:image

偶然、AXIAL RDAというアトマイザーをSNSや動画で見かけたのですが、どうやらなかなか良さげな様子。調べてみたら、国内ではSAMURAI VAPORSが取り扱っているというので、退勤後に立ち寄ってみたものの、欠品中。発注はしているのでいずれ再入荷があるようでしたが、いつになるかは不明。 そんなこんなで、数日後、今度はBeyond Vape Japanが“Coming soon”と近日入荷の告知。そのまた数日後に入荷の知らせ。先にweb販売、実店舗での販売が2019年3月2日(土)12:00〜とのこと。web販売のページにアクセスしたところ、全て完売とか。もしや。。。と思い、3月2日に原宿へ行く予定に。翌朝にはそんな予定をすっかり忘れる。しばらくして、「あ!」と気付く。いそいそとおでかけの準備。

こんな時に限って!

なんだかんだでなんとか11:30過ぎに到着。まだオープン前ということもあり、数十分程度待つことに。店の前には先客が1人いましたが、並んでるような感じはありませんでした。これなら大丈夫かな?と。

オープンして入店。「例のアトマありますか?」と聞くと、どうやら入荷数が少ないようで。。。

購入できました。

会計している間にも問い合わせの電話が数件。まだまだレビューも動画もそんなに多くないのにね。

会計を済ませて、店内で一休み。原宿界隈をぶらぶらするコトもなく、渋谷までテクテク。

久しぶりに東京トンテキでトンテキ定食を食べて、湘南新宿ラインに乗って、まっすぐ帰宅。そして就寝。

 

 

 

 

本題です。

夜な夜な開封の儀。

パッケージはGOONみたいな巾着。

 

カラーラインナップはSSが2種、ブラック、ゴールドで全4種。

今回購入したのはSSのpolished。

 

ドリチ、トップキャップ、デッキ、スリーブ。

バラしにくいということはありませんが、polishedということもあって、ちょっとスベりやすいかも?

ドリチはハーフインチ。Oリングはトップキャップ側に付いています。

エアフローは大きく分けて2種類。3つ穴か無段階か。

 

それとビューティリング。必要に応じてとは思うのですが、このアトマイザーはビューティリングを付けた方が見た目かよろしいのではないかと。

 

レンチ、デルリンのドリチ、510アダプター、Oリング、BFピン、イモネジ

 

コンタクトのポジティブピンのでしろは充分出ていると思います。

それとデフォで付いているポジティブピンはカッパーのようですが、付属のBFピンは銀色なので、シルバーメッキとかなんでしょうか?本家のwebにはそのあたりの説明は見当たりませんでした。

 

一応2postのデッキということになるようです。デュアルコイル、シングルコイルのどちらでも組めるようですので、今回はシングルコイルで組んでいこうと思います。

 

OFRFのGEAR RTAに付属していたNi80のコイル(0.33Ω)を使ってみます。

 

コイルの足は5㎜ぐらいで切ってデッキに組んでみました。

たまたまですが、コイルの巻いてある向きが考えていた通りの向きでした。イモネジで固定する方とは逆にして、ポストに対して斜めにコイルを置いてみました。こうすることで、コットンをそのままジュースウェルに落とせる感じになるかなと。言葉にするとわかりにくい。

 

MINIKIN REBORNで熱入れをしたのですが、なかなかキレイに熱が入っていかず、終いには千切れてしまいました。。。と思ったら、わりと高めのW数で熱を入れていました。

 

今度はWOTOFOのserpent elevateに付属していたNi80のコイル(0.33Ω)で再チャレンジ。

 

W数を下げて、じっくり熱を入れて。

 

ウィッキングしてリキッドをチャージ。ミストの出方を見ると、思ったよりも荒々しい感じかなと。

 

ここ最近、何にも考えず、普通にコイルを組んで、それなりに美味しいアトマイザーばかり使ってきたので、久しぶりにビルドを考えないといけないアトマイザーかなと。

まずはウィッキング。なるべくエアフローからのエアを当てないようにコットンを寄せてみたらいい感じに。

次はドリチ。付属のドリチの内側がストレート。今回のコイルだとミストを散らしてしまっているかもしれないので、手持ちのGRAMのMt.Fujiと組み合わせてみたところ…。

プラシーボ込みでの印象ですが、Mt.Fujiはどんなビルドでもワンランク上にしちゃうからチートみたいなものなので、それはちょっとズルいかも。でも、手持ちのカードで言うとGRAMのドリチを使う。

ビルドについて、今回はシングルコイルで組んだのですが、コイルの位置はもう少し上げた方が良かったかも。できる範囲で少し上げてみて、ちょっとは効果があったので、たぶん。

あとはデュアルコイルや単線のコイルはまだ試してないので、まだまだやれるコトはありそう。

 

 

概ね満足。

 

 

まとめます。

  • ビルドをちょっと考える。
  • 加工やら精度やらはかなり良さげ。
  • 次は単線デュアルで組んでみよ。
  • もう1つ欲しいね。(ゴールド)
  • GRAMのMt.Fujiももう1つ欲しいね。(SS) 

Two post RDA with tons of airflow options, and the perfect canvas for most builds. Includes:

23mm Axial RDA

23-25 mm Beauty Ring

810 Driptip

810-510 drip tip converter

Extra screws

Squonk Pin

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、まだ終わりません。

やはり単線でビルドしてみないと。

まずは様子見で。フレーバーはまあまあ出ているかも?という印象ですが、ミストの出方が好みじゃありませんでした。

もっと低抵抗で。コイルの面積が大きくなった分、ミストの出るスペースが少なくなってしまうのと、コイル内のコットンにチャージされてるリキッドだけが極端に乾いてしまう状態なので、すぐに焦げたようなフレーバーになってドライヒットに。

ちょっと手直ししてみたのですが、もっと上を目指せるんじゃないかと思ったものの、普段使ってるGOONと比べてみたら、まだまだという程ではなく、なかなかのものでした。

22gだったら普通のマイクロコイルでいけるかな?とは思います。

エアフローは好みなのか感覚的なところなのかわかりませんが、コットンにエアが当たるとフレーバーが行方不明になってしまうので、コットンの無い方からエアを取り込むようにしました。

エアフローの穴は2個でいいかな?と思うのですが、無段階の方を3分の1ぐらい開けた方でも良さげ。

 

コイルを斜めに置くことについては、多少の違いはあるとは思いますが、極端な変化は無さそうだったので、どちらでもいいのかなと。

 

デュアルコイルも試みたのですが、デッキの構造上、単線だとコイルの足が逃げやすく、物凄くやりにくいので、フラットクラプトン的なワイヤーでないと。。。要するに諦めました。

 

 

たしかまだあったような。。。と思って、退勤後にSAMURAI VAPORSに寄って購入してみました。

 

まとめのフラグは半分くらいは回収できたんで、このあたりで締めます。