AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 ポータブルオーディオフェスティバル2018 WINTER TOKYO AKIHABARA 【ポタフェス】

2018年12月15~16日に開催されたポータブルオーディオフェスティバル2018 WINTER TOKYO AKIHABARA。

2018年12月15日(土)に寄ってみました。

たぶん代表が映り込むのは初めてかな?

たまたまなんですが。

 

 

 

それはそうと、会場を回っている途中で、ふと思ったのですが。。。

「こんなの聴けたもんじゃない」というようなモノにめぐり合うコト自体ほとんどなく、大概イイ音というのは市場の成熟具合に呼応したカタチで云々。。。要するにそういうことです。

数多ある大概イイ音の中で自分の好みの音を鳴らすモノを見つけ出すという事だけのハズ。

沢山試聴していっても、後になって「あれ?何ていったっけ?」というコトがあって、メモ代わりにツイートしたのがキッカケで、そこから「あれ?どんな音だったっけ?」ということがあって、簡単に感想を書き添えて、それを纏めて、更に捕捉を書き加えていったのが、こういったイベント系の記事になります。

ここ最近は試聴しても「イイ音なんだけど。。。」とその先の言葉が見つからないコトが多く、その製品の個性を印象付ける要素が薄れていってるのか、それとも自分の感受性が衰退しているのか。。。そんな感じです。

 

まあ、あまり難しく考え過ぎず、テキトーに続けていくとは思いますがね。

 

さて、本題です。

実は中抜けして、秋葉原店に買いに行きました。web上では黒が秋葉原店で「在庫あり」になっていましたが、時すでに遅し。完売。次回入荷未定。そこで我に返ります。確かに良くできている。SE215のライバル機としては大本命の優秀なイヤホンです。でも、今SE215を使っているかというと、最近はもっと上位クラスのイヤホンばかり使っている。だとすると、買ったところで所有欲を満たすだけになってしまうんじゃないかと。使う機会があまりないかも。それであれば買わなくてもいいのかなと。でも欲しいねえ。

 

前回のポタフェスで参考出品されていたチタン製筐体の8BAドライバーのイヤホンがコレの試作機なのかな?と思いましたが、その辺りのコトは未確認。

その時の記事に「ちゃんと調教すれば化ける」と記載しましたが、これについては緻密にチューニングされている音という印象を受けました。鳴り方としては程良い押し出し感があり、引き算の部分の具合が絶妙。

筐体の素材や加工やらドライバーの数を考えるとそれなりのお値段になるのは仕方がない。

 

MAVENを試聴した後なので、どうしても比べてしまうのですが、MAVENが緻密にチューニングしたことで、滑らかというか自然な鳴り方に聴こえたのに対し、MIRAGEはドライバーが3基になった分、押し引きが大胆に施されたことで、ノリや抑揚がしっかりと感じられる鳴り方に聴こえたのではないかと妄想してみました。

 

くみたてLabのCIEMのオーナーに配られたクリーニングクロスとバッチです。一応、KL-Refのユーザーなので貰いに行きました。

 

代理店の人としては「どんだけ〜」とか「まぼろし〜」とイジラレたかったかもしれませんが、そういうイジリはチョケたメンドくさいオーオタがドヤ顔でしてくれるでしょうから、敢えてイジりませんでした。

今回試聴した中では印象に残るイイ音を象徴するイヤホンだと思います。

カラバリ(赤)が出たら、考えます。(フラグ)

 

個人的には手に余るサイズのDAPというのはあまり好きじゃないのですが、その理由があれば話は別です。

ディスプレイのサイズを大きくするということは表示されるフォントサイズも大きくなるというコトなので、オーオタの高齢化時代には必要な要素になるのではないかと。

最近、小さい文字が見えにくくなってきましてですね。。。

 

前回のコトもあるので、しっかりノズルの中を確認しました。スイッチを弄らずに試聴して、qdcらしい無個性を貫いた鳴り方だと思います。スイッチレスにして価格を抑えたノーマル仕様があってもいいんじゃないとは思いますが、それだと難しいのかな?とも思いました。

 

すっかりSONYのヒトになってしまったクミタテヤメマンのうましクンに対応してもらいました。

ステージモニターということでしたが、それはどうなんだろう?という印象。音の良し悪しではありませんが、SONYとしての業務用の実用性とはこういう物ですというのがコレならば、ちょっと違和感があります。

ステージモニター風の高級イヤホンという括りならアリですが、それならJUSTEARがあるし。。。

 

中の人に「その電池はVTC?」と尋ねてみましたが、中の人は「?」どうやらVTCがわからない様子。それもそうか…いや違うか。いや、どうなんだ?まあいい。

音がどうこうというよりも、使い道がサッパリわからん。

 

冒頭にも記載しましたが、ここ最近の印象に残らないイヤホンを象徴しているのがAZLA だったりします。(あくまでも個人的な意見です。)

イイ音してるコトは間違いないのですが、良し悪しどころか、好き嫌いの判別もできないので、どうしたものかと。(どうもしない)

聴き込んだりしたら、印象が変わるのかもしれませんが、他社製品と同様に短時間での試聴での比較となるので、そこでの印象でそうなるなら、仕方がないんでしょうね。

 

言われてみれば、アンバランスしかないよな…。規格も統一されるコトもなく、国や団体やメーカーによって様々な規格が乱立してるし、そもそもメーカーとして興味がないというか儲かりそうもないことなら、今まで通りアンバランスでいいんじゃね?という判断もアリのような気もする。

K553MkIIはヒビノでの扱いになるので、業務用的な立ち位置になるんでしょうけど、音の方はあまり違いが無いような気もする。

 

eイヤ的にはJH AUDIOではなくIRIVERの製品という括りになっていましたが、そういうコトに変わったのでしょうか?(Michelle limitedあたりからそうなってるみたいです)

どっちでもいいんですけど、ネームバリュー的にというより、商品をメーカー名から検索する時に困るような。

 

コンセプト通りな鳴り方だと思います。聴き流し的な使い方になると思うのですが、そういうジャンルと昨今のオーオタが好むジャンルが相反しているような気がしないでもない。

そのどちらでも無い自分はどうすりゃいいのかわからんので。。。

 

ブースのお姉さんが一生懸命クロスで拭いて渡してくれたのですが、画像の通り、指紋というか脂が残ってしまっています。まあ、そういうことです。

普段使いでEQをグリグリ変えたりするか?というと、たぶんやらない云々…というのを以前の記事でも書いた気がします。

ただ、ノーマルの状態で試聴しましたが、流石というか、充分だと思います。

サイズ的にちょっと大きいかな。

 

環境のせいもあってか、ブチブチ途切れて、物凄いストレス。

途切れない技術がまだまだの段階であり、そこが伸びしろなんだと思うのですが、それとは別のベクトルでのデザイン面も伸びしろがあるわけで、そこを攻めてきたのがこの製品なんでしょう。

似たり寄ったりなデザインのモノが多い中、一石を投じる製品だと思いますが、ツイートしている通り、まだまだ時期尚早。

デザインでの差別化を競争力にしてしまうと、技術面の成長が終わってしまいかねないんじゃないかと。

 

シンセンの新興オーディオブランドのようですが、あまり興味がなかったので、毎回スルーしていたのですが、せっかくなので今回は展示してあるイヤホンを一通り試聴してみました。もちろん1つ1つどんな音かは記憶できないのはわかっていたので、単純に好き嫌いだけで判断してみました。(ツイートしている通り)

概ね良さげではあるものの、POPに書かれてる内容通りに聴き取れなかったモノもありました。その内容だったらそっちじゃね?みたいな。

 

CARBOシリーズの久々の新作かと思ったら、アタマにZIRCOが付いてる機種があって、へーそういうシリーズもあるんだ…ていう程度に。後でeイヤのwebで調べてみたら、ラインナップには無かったので、これから出るシリーズなのかな?ブースのヒトに「ジルコニア?」と尋ねてみたら「いや、デュオザ」と噛み合わないヤリトリ。そういう時は潔く諦める。

それはそうと、ケーブルの途中でリケーブルする仕様というのはどうなんだろう?自分は好ましい仕様とは思いません。

 

いつまでたってもコレジャナイ感は否めないと思ってしまうのは自分だけでしょうか?

音の方は元々の成り立ちを知っていれば間違いないところなので、不安要素は無い…いや、そうでもなかった。

スピーカーの方で名機をモディファイする器量があるなら、さっさとイヤホンの方でもやってもらいたいもんです。

 

まだお得意のカラバリはあまりないようです。

コレはコレで、Skullcandyらしくない落ち着いたデザインですが、嫌いじゃありません。

 

iBasso Audioとしては初めましてになります。

既に熱心なオーオタに囲われているようで。

そういうのを見ると、かつてのくみたてLabを思い出します。

違いはメーカーなのか代理店なのかというところ。代理店とは言っても、物言える関係値を築けてるかどうかで、期待値は異なるわけですが、そこはまだ未知数といったところではないでしょうか。

何はともあれ、たくさんの人にiBasso Audioの製品に触れて貰える機会を作ることを心掛けて。

AMP9についてですが、真空管っぽさを感じられたのはマイクロフォニックだけで、真空管ならではの音の鳴り方は感じられませんでした。以前試聴したCayinのDAPと同様にNutubeを搭載しているわけですが、イイ音なんだけど、真空管の音を求めるならコレジャナイ。それがNutubeの特性なんでしょう。

イヤホンについては、イイ音なんだけど…の先の言葉が見つからない系の音の鳴り方。どちらも優等生的でどこか物足りなさを感じます。

バカにされてもネタにされても記憶や印象に残るイヤホンやオーディオ製品の方が可愛げがあるよな…と思ったりしました。

 

期待以上ということはありませんでしたが、コレはコレで完成されてるなと…。あとはツイートしている通り。

 

f:id:godsize:20181216193835j:image

 

 

 

 

今回は本編はあるけど無いです。