AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 秋のヘッドフォン祭2018 【祭】

f:id:godsize:20181028212806j:image

 

2018年10月27〜28日 中野サンプラザで開催された秋のヘッドフォン祭2018に行ってみました。 

TL上で見かけたのですが、最近は『へ祭』と言うようで。

 

いつもだったら、冒頭に『着いたよ』的な中野サンプラザの画像付きのツイートを貼り付けるのですが、別にもういいかな…と。

ということで、冒頭にその日の昼食に食べたラーメンの画像を貼り付けてみたのですが、何ていうラーメン屋さんだったのか失念。

ちょっと変わった煮干し系のラーメンでした。

 

 

 

 

本題。

(最近、はてなブログのツイートの表示形式が変わったので、更に手を抜いてみます。)

モヤモヤするんだろうなあと思ったらわりと好印象。CHORDのおかげ?と思えるような節もあったりしますが、聴こえる範囲や音場の落とし所が凄く絶妙。聴きたい音が果てしなく遠いとこに行っちゃうようなコトはなく、これを音場が狭いと感じさせないのところが気に入りました。

 

ケーブルの向きとか筐体の形状とか。あれ?どっち?となるわけで。この日試聴したCAのイヤホンはどれも鳴らしやすい傾向?に感じました。

大木凡人風でしたねえ。

何が?わかりません。

 

ブースの様子がちょっと物寂しい感じでしたが。何となく寄ってみたのですが、なかなか良さげでした。繋いでいた真空管アンプもちょっと気になりました。あまり知らないメーカーなので、気が向いたら掘り下げてみたいと思います。

 

凄味のある鳴り方は感じられなかったのですが、そういう価値観だけで捉えられるモノじゃないんでしょうね。

 

耳への妙な圧があると聴こえ方が変わるんだよね。という凄く当たり前のことを思ってみたり。 DUNUにしてはかなりの高価格。フラッグシップモデルならそれも仕方がないが、それなりに付属品が充実しているようです。各種プラグが付属されており、中国でのオーディオ市場の動きの一環として、3.5㎜バランスプラグを付属しているのは、今回見た中ではココぐらいだったかも。

 

KL-REFの低域調整は無段階でしたが、KL-FOCUSは4段階。その狙いは何だろう?KL-REFの低域調整は0か100でしか調整しないだろうから無段階調整ではなくトグルスイッチでon/offにした方が使い勝手がいいんじゃないかと意見したことがありましたが、KL-REFは内部抵抗を調整する仕組みらしいので、on/offにはできないとのことでした。

そういえば、列に並んでいる時、シャッチョがいない隙にくみたてヤメマンの某氏がやって来てパンフレットを貰っていったのですが。。。まあ、いいんじゃない?

 

今回のへ祭の目玉の1つだと思うんですが、ここまで注目を浴びるのは珍しいことなんじゃないかと。それだけオーオタからの関心が高いということなんでしょう。

やはりというか、不慣れなということもあってか、用意していた砂時計がただのオブジェになってました。長時間試聴し続けたり、試聴後にメーカーのヒトと話し込んで席を立たなかったり。。。まあ、よくある光景なんですがね。行列ができる事を宣伝材料にするようなコトは如何なものかと。

主催者がミックスの長蛇の列については全く触れないあたりはいろいろな忖度があるんですかね。

 

今回試聴したモノについては、ちょっとアレでした。参考出品とのことでしたので、詰め切れてない段階の試作品ということで、まだまだこれからなのかな?と。コンセプトを伺ったのですが、それとは異なる印象を受けました。

これを見れたので、良しとします。

何を?何が?

 

この価格帯はゼネラルオーディオ市場に向けたアイテムになるんでしょうけど、この手のイヤホンは大手企業が挙って吊り下げ什器の場所取り合戦を繰り広げるわけです。adagioを出した頃とは状況が変わっているハズなので、競える体制も取られてるんでしょうかね?

相変わらず、ファイナル信者嫌いを発揮しているなと。今回はファイナル信者だけでないような。改めて気になったのは出展するブースの場所。毎度同じ場所が割り当てられて混雑させているわけですし、そろそろ主催者側が別の場所を割り当てるなどの配慮が必要なんじゃないかと。

 

好きな見た目のヘッドホンを買って、リケーブルして好みの音にすればいいんじゃない?と思ってみたり。

 

CIEMメーカーが発売するユニバーサルのIEMって製品としてではなく、商売としてどうなんだろう?と思うところはあります。CIEMの受注製作を生業としているメーカーが完成品の在庫を用意するという今までと異なるスキームが必要になるわけです。コレが販促の一環としてだったりするのであれば、アリのような気もしないでもないのですが。

 

M7はそれまでのFiioのDAPとは異なる印象を受けましたが、M9はそれを更に押し進めように感じました。『性能(機能)と価格』という他社との競争・比較を強く打ち出してきたところから、それとは別の『ちょうど良さ』というところを打ち出しているのかなと思いました。

 

食わず嫌いというわけではありませんでしたが、他に回るトコがあったので、聴く機会がありませんでした。ようやく今回試聴したのですが、シャキシャキ系の音だなあという第一印象。最初からこれぐらい個性があるイヤホンを出してくるあたりはよく考えられてると思いました。ここで「普通にいい音」的な毒にも薬にもならないようなイヤホンを出していたら、スピーカーの実績があったとしても、全く注目されなかっただろうなと思います。ただ、自分的にはもう少しバランスの取れた音の方が好みかなと。。。

こういう毒にも薬にもならないようなオーオタに捕まっちゃうなんて、ある意味で洗礼を受けてしまったのかな?なんて思ったりしましたが、季節の変わり目はこういう残念なオーオタが湧いてしまうんでしょうね。意見交換や感想や要望をメーカーに伝えるせっかくの機会なので、上手にそれを伝えられるようにならないといけないなと思いました。

 

再度ミックスのブースに立ち寄ってみました。正直、予想の斜め上を行く鳴り方でした。良し悪しよりも好き嫌いの方が大事だと思うのですが、その判断を僅かな時間で決めなければならないというのは如何なものかと。もしかしたらCAというブランドだけで決めちゃったオーオタもいるのかもしれませんが。それだけ実績のあるメーカーというのは間違いないとは思いますが、改めて試聴は大事だと強く感じました。

 

『緑は売れない』と某専門店の誰かさんが言ったとか言わなかったとか。その既成概念を覆したANDROMEDAの限定版。ステンレススチールのミラーフィニッシュということは、塗装の剥げの心配は無いものの、細かいキズが気になる仕様です。金属磨き用のクロスやピカールを使って磨いてあげればいいんでしょうけど。

初日の終盤になってヒトを捌くようになるのはミックスのお家芸。いや、捌いてないか。混み出したあたりにM氏がメディアの取材を受けてしまうからなんでしょうか?列があれば並ぶぐらいはするようですね。把握できればちゃんとできるってことなんでしょう。できない輩はいつまでたってもできませんがね。

 

ハンドメイド感のあるイヤホン。木の素材が何なのかわかりませんが、カマゴンとかじゃないとは思います。輸出先の国の気候や湿気による膨張とか計算されてるんでしょうから、VAPEの木製MODのような心配は不要かと。たぶん。

いや、どうだろう。。。

 

本題は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

では、本編です。

 

 

 

アユートのブースです。

例のセガサターンです。実際にデザインサンプルとして秋葉原の中古ゲーム店で購入したものらしいです。今後の使い道はゲーム機として遊ぶとのことです。

完実から代理店業務が移管されたfenderですが。。。残念ながら、そういうのは無いようです。

逆にそういうのが得意なスカルキャンディが久しぶりにヘ祭に出展してましたね。(オサーンしかいませんでしたが。)

一方、完実の方はというと、いつもの例の場所にブースを陣取っていましたが、入口にJK(のコスプレをしたお姉ちゃん?)を立たせてましたね。どういうつもりなのかはわかりませんが。フジヤのお客さんはそっち寄りなんでしょうか?もしくはフジヤの中のヒトがそっち寄りなんですかね?

まあ、ハロウィンが近いということもあるので、いいんじゃないでしょうか。

 

この日のVAPEはこんな感じです。1番奥の換気扇の真下を陣取って大人しく。

それはそうと、近年こんな酷い事態は記憶にありません。ヒトがちゃんと通れるスペースを確保してもらわないと。ただでさえ、あの周辺はオーオタどもが渋ハロ状態になるんでね。他のフロアにそれ用のスペースを設けても結局はヒトの邪魔になるところでたまるんでね、むしろ、あのスペースに企業ブースを設けた方が良かったんじゃないかと。