AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 Hcigar MAZE V3 RDA 【RDA】

 

思わぬところで入手してしまった、HcigerMAZE V3です。

RAM BF MODの数量限定の特典みたいな感じで付いてきました。

国内外の沢山のレビュアーさんが記事や動画を上げているので、RAM BF MODの記事の方でサラッと数行ほど書いてお茶を濁そうとも思ったのですが、本題以外のボリュームが多くなりつつあるので、コレはコレでMAZE V3にフォーカスして書いてみたいと思います。

とは言っても、既に多くのレビュアーさんに弄られまくったMAZE V3なので、自分がコレは!と言える内容のコトを書けるのか?

既に、メカスコと組み合わせても大丈夫?というトコはRAM BF MODの方で触れているので、そこ以外のコトとなると…オフィスエッジ限定色のゴールドであることぐらいかなと。元々デッキ自体がゴールドだったので、トップキャップとドリップチップがゴールドになったコト以外、従来のMAZE V3との違いはないと思います。

SPEC

Brand HCIGAR
Model Name Maze V3
Type BF RDA
Coil Single Coil
Material 316 Stainless Steel
Electrode Gold-plated SS
Thread Standard 510 Thread
Size 26mm(H)*22mm(D)
Color SS/Black/Red/Blue/Purple
Special Position Match with BF Pin
※本家からコピペ

せっかくオフィスエッジ限定でメーカーに作らせたのなら、コンタクトピンの出シロが増えて「ハイブリッドに使っても大丈夫」ぐらいの改良があっても良さそうな気はしないでもないです。

内容物

Maze V3 RDA(本体) 1
Imported Organic Cotton 1
Clapton Wires 2
Spare Seal Rings(Oリング) 8
Spare Screws(ネジ) 2
Spare Drip Tip(ワイドボアドリップチップ) 1
User Manual 1
Bottom Feeder Pin 1
Hexagonal Screwdriver(六角ドライバー) 1
Spare Inlet Airflow Tube(スペアエアフローチューブ) 1

※本家からコピペ+補足

こちらの方も通常のモノと同じ。

色的にRAM BF MODに合うだろうなと思ったものの、他の手持ちのMODとは。。。

ということで、しばらくはRAM BF MOD用として使っていこうと思います。

 

シングルコイルでの運用のみとなるデッキになります。

 

トップキャップは緩くはないというか、手元にあるGOONと同じぐらいの緩さなので、全く問題ないと思います。たぶん緩いのは個体差ではないかと。ただ、トップキャップを外す縦方向は問題ないのですが、MODを取り外す際の横方向については緩いかなと。取り外そうとするとトップキャップがクルクル回るだけみたいな…。自分が所有しているアトマイザーの殆どがそういう感じでもあるので、大した問題じゃないかと。そういう時は付属の六角レンチをエアフローに突っ込んで回せば簡単に取り外すことができます。

 

ではビルドしていきます。

せっかくなので、付属のクラプトンコイルを使ってみました。こういうコイルって、エラく抵抗値が低かったりする事があるので、少し巻き増してみました。

付属のコイルだったりすると、精度なのか何なのかわかりませんが、どんなに頑張ってもホットスポットが除去できなかったり、やってる最中に焼き切れたりする事があるのですが、4,5回熱を入れたらムラなくキレイに赤くなりました。

JAM MONSTERについてきたCOTTON BACON BITSを使ってみました。

開封。

いい歳して欲求不満でしょうか?

中身を取り出してみました。一方向に線維が走っているので、リキッドの吸い上げは良さそう。コゲにくさは使ってみないとわかりませんが、そういう検証的なことは諸先輩方にお任せします。

加減がわからないので、多めに。多ければあとで削る(両端を短くする)ことができるので。リキッドの出口がデッキのジュースウェルから一段上がった所にあるので、デッキ上がってきて過剰になったリキッドがボトルに戻らないようになっているという事もあり、その分コットンは多めの方がいいのかなと。

経験則から焼き入れして抵抗値が0.1Ωほど高くなるということから、SSなんじゃないかと。SSだとこれぐらい抵抗値が上がることが多いです。取説にはコイルがカンタルなのかSSなのかまで記載されていませんでした。

案の定、多過ぎました。この後コットンの両端を少し切ってポールの外側のコットンの分はなくなりました。コイルの両端にコットンがある感じに。

MAZE V3の最大の特徴とも言えるエアフローチューブですが、2種類ともにいろいろ試してみましたが、どちらも概ね同じかなと。

ここでトラブル。エアフローチューブのOリングを見失ってしまいました。そのうち見つかると思いますが、最初からデッキに取り付けられてない、エアの出口の穴が2つあるエアフローチューブにもOリングを嵌めておいてくれてもいいんじゃない?と思いました。

 

 

 

 

よく見聞きする漏れについてです。

噂通り、お漏らし酷いね。

エアフローからはデッキ内部側の穴の向きによるトコロもあるのですが、トップキャップとデッキの隙間からなんでしょうか、盛大に漏れてきます。リキッドなのか結露した水分なのかわかりませんが…。

調べてみたところ、対策はあまりなさそう。キャッチカップやビューティリングを使うというのを見聞きしましたが、そういうのもアリだと思います。でも根本的な解決策ではないような気がしないでもないです。

強いて言うなら、リキッドをチャージし過ぎないということぐらいかなと。

 

 

肝心の味の出方は評判で見聞きするほどには。。。

ドリチをワイドボアに替えたり、コイルをカンタル24gの0.65Ωで巻き直してみたら、少しイイ感じになったものの、自分の好みとは少し違うのかな?といった印象。

エアフローの向きとかコイルの位置とかいろいろやりようはあるとは思います。

  

 

 

余談です。

今まで、そんなに多くはないものの、いろいろなアトマイザーを使ってきましたが、好みの味の出方をするアトマイザーの傾向がほんのりと浮かび上がってきました。

具体的に言うと

  • GEEK VAPE avocado 
  • Cthulhu GAIA RDTA
  • DIVINE MODS ASHURA RDTA
  • 528 CUSTOM VAPES GOON

このあたりになります。

RDA,RDTA混在していますが、この4つに共通しているのが、サイドエアフロー

GAIAはボトムエアフローもありますが、サイドエアフローのみ開けています。

ASHURA RDTAはサイドエアフローというよりも“斜め上サイドエアフロー”なのですが、ボトムエアフローではないと。

今回入手したMAZE V3はどちらかといえばボトムエアフローになるのかな?(斜め下ボトムエアフロー?)

 

VAPE界隈ではボトムエアフロー至上主義的な傾向があるように見受けられますが、どうやら自分の好みはVAPE界隈の流れとは乖離しているようです。