AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 ポータブルオーディオフェスティバル2017 -SPRING&SUMMER- 【ポタフェス】

2017年7月15~16日に開催されたポータブルオーディオフェスティバル2017 -SPRING&SUMMER-。 

2017年7月15日(土)に寄ってみました。

 

 

開場前に着いても、いろいろとアレなんで、まあまあのんびり出発。

ぼちぼち到着。

既に開場していて、ちょっと1Fは中の方に行きにくいかな。

ポータブルオーディオとは無関係な方々でいっぱいだし。

 

そういや、キャンプ地を確認しなくては。

例年であれば、iQOSのプロモーションを兼ねた喫煙所が設けられていましたが、今回はgloのプロモーションスペースに。

 (昨年同様キッチンカーはありませんでした。)

前回は関係者だけに開放されていたB1F,2Fの喫煙所が来場者にも開放されていました。

コレはどういう事かというと。。。 

今回のgloのプロモーションスペースは喫煙所ではありませんでした。

gloを体験するだけの為にしては、場所取り過ぎ。

キャンピングカーの中に入って、露出の少なめなお姉さんの説明を受ける。

夏なんだからさ〜。

もっと、こう…尻職人ような〜。

まあいい。

gloを体験してみて、iQOSの方がマシだ!というチンパンジー程度の知能しかない輩のようなフィジカルが強めな感想は言いませんが、どちらかと言えばのレベルで、iQOSの方がマシかも。

チンパンジーに失礼? ゴメンなさい。 チンパンジー。

自分が感じた最大の欠点は「口の水分でフィルターが詰まりやすい」。。。

いや、それよりもお姉さんの露出が少ないことの方が。。。

つまり、自分はiQOSもgloも必要ありません。

今のところは。

 

 

 

 

 

 

 

本題。 

 

2pinでリケーブルできるようになったEN700。ケーブルの恩恵もあるかもしれないが、最初のモデルと比べたらかなり化けたように感じた。左右で色の組み合わせを変えられるように販売されるらしいが、どうやるんだろ?右・左・ケーブルをバラバラに販売するの?面白い試みだと思うけど。。。

前もバラ売り云々の話を伺ったような気がしますが、どうなんでしょ?

バラ売りについては肯定派寄りな考えではあるものの、購入する層によるかなと。

メリット・デメリット両方予想はできますが、この製品を購入する層を考えれば、できないことではないとは思います。

バラ売りではなくて、何種類もセットを用意するとなると、デメリットの方が増すような気がしますが。。。

 

 

音量レベルメーターと思われるメーターがハウジングについてるが、着けた本人は見ることができないというのは刹那的かと。
ノイキャンとベースブースト的なものが付いてるけど、スイッチの位置がハンガーとハウジングが重なるところという使い手を試すような場所に。
音自体はわりとシッカリ。

見た目は面白いとは思ったものの、少し頭の悪いヘッドホンかな〜と。

着けたらメーター見れないじゃん。

鏡でずっと自分を見続ける事が生業としているナルシストな方ならアリのような。。。

スイッチの場所もね、もう何も考えてないとしか思えないわけです。

 

 

iSINEと同じような作りをしてるが、別のシリーズになる。LCDのヘッドホンをイヤホンにした感じというのがコンセプトのようで。iSINEはイヤホンらしい鳴り方を前提にしたような音だったが、LCDi4はそのベクトルとは異なるイイ音を目指したのかなと。普通にイイ音以外の特徴がない。

誤:LDCi4 → 正:LCDi4

iSINEはイヤホンらしい印象の残る音のような記憶がありますが、LCDi4は平面駆動っぽいイイ音を鳴らすような感じがします。

その分、個性が薄れたような。

充分、価格なりに上手くまとまっている鳴り方だとは思いますが、いまだに開放型のイヤホンの使い所がわからない。

 

 

NUTUBEを搭載したポタアン。ジャズやクラシックとの相性は良さげ。ところが、ロックやポップスで聴いたら、音が暴れ出してしまった。イヤホンとの相性もあるかも?調整不足ということではなく、コレはこういう音がするモノということなんでしょう。

楽曲やジャンルによっての相性が物凄く違い過ぎて、困惑。

コレがNUTUBEの音なのかというとわかりませんが、真空管っぽいかというとそれとも違うような。。。

真空管っぽさは断片的に在るのかな?とは思いますが、どこか制御しきれない何かがあるんじゃないかと。

チューニングする際のリファレンス音源のジャンルに偏りがあったのでは?とも思えます。

 

 

AK100IIの場合、オプティカルでCEIBAに繋いで。。。ということに。
この仕組みなりの音の鳴り方をしていると思う。昔の自分だったらやったかもしれないけど、3段重ねはチト厳しい。
そこまでやるならDAPをイイのに替える。
それよりも安く済むか否かなんじゃないかと。

音については仕組み通りの鳴り方だとは思ったものの、「最初から最後までバランス」の恩恵については、正直よくわからない。

こういった3段重ねというのも、なかなか見かけなくなってきましたが、DAPの高性能化と選択肢が増えた今となっては、そこまでして。。。という発想にならざるを得ないと。

 

 

ほぼ初めまして?物凄く久しぶりのacoustune。噂は予々。なかなかメカメカしい外観。嫌いじゃない。音は価格なりの出来のいい鳴り方かと。筐体の形状から耳に当たるところがあったものの、イヤピースが良くなかったみたい。この形状は使い手を選ぶかも。でもそれを押し通して欲しい。

HS1501がアルミ筐体なのに対し、このHS1551は真鍮筐体。形状自体は同じ。HS1501よりも深みのある落ち着いた鳴り方。上位下位ということではないような。。。ケーブルとかも変えて上位下位の関係をハッキリさせた方がわかりやすいかも。
カラバリの赤の方はアイアンマンっぽい。

 acoustuneのブースといえば、ヤル気の無さそうなおっさんが1人でブースにズーっと座っているイメージしかなかった。

ここ最近、「お!」と思わせる製品を出してきたようで、少し気になっていました。

音は価格なりの凄みのある鳴り方はしている。

イヤピースによっては筐体が耳に当たってしまうことがあった。(Mサイズでは当たらない、Lサイズだと当たる)

メカメカしいというか、色で何とか見せられているものの、なかなか武骨な外観。

このまま武骨な路線で突き進んでいって欲しい。

 

 

言われるがまま浅めに装着して試聴したが、あまりにも音がスカスカだったので、普通に装着し直して試聴。ちゃんとした音になった。
少し濃いめでハッキリしたわかりやすい音が鳴るような印象。
前評判は殆ど内容を読んでいませんが、あそこまで待って試聴するほどのモノなのか、よくわかりません。

音の出来と行列が吊り合ってるのか?というと、そうでもなくない?とも思える。

踊らされてるのか? 踊らにゃ損々なのか?

そういう(?)流れとは乖離したところに居るので、何がオーオタをそうさせたのかはわかりませんが。

今回聴いたモノの中では唯一ドンシャリ感があった。(と言うほどドンシャリでもないが)

 

 

名機EPH-100の上位にあたるイヤホンとのこと。mmcxでリケーブルできるようだ。音の方はEPH-100よりだいぶ大人しい鳴り方。
この試作品に付いてるケーブルはEPH-100のダメなところをそのまま踏襲しているのは如何なものかと。
音も含めてまだまだ試作品であって欲しい。

遂に!と思うのはまだ早い。

中の人によると、EPH-100の上位機種にあたるようです。 

後継機種ではないので、EPH-100と併売されるのかな?

唯一、良くなったと思えたのは、リケーブルできることぐらい。

音はどうしてもEPH-100と比べてしまうものの、上位機種ならそれなりにもっと上を目指すべきなんだろうし、ダメじゃないけど、上位機種らしい音とは言えないのではないかと。

EPH-100を愛用しているヒトたちが挙って絶賛するような音ということも必要かもしれませんが、そうでないヒトも率直にイイと思ってもらえる音に仕上がってないと、ただのやっつけ仕事にしか思われないのではなかろうかと。

これならEPH-100をリケーブルできるだけにしたver.1.5ぐらいの方がまだマシ。

まだまだコレジャナイ。

EPH-100の上位機種を出すなら、もっとYAMAHAに頑張ってもらいたい。

 

 

 

ということで、今回はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例の苦言は、この日の13:44~14:05のツイートを遡っていただければと。

 

キモい害悪系オーオタに囲まれるなんて事はどうでもいいんです。

並んでいるのにそれが理解できない程度の知能しかない輩なのは理解しています。

ただ、その中に某メーカー(関連企業)の代表者が紛れ込んでいたわけなんで、穏やかな話じゃない。

 

その某メーカー(関連企業)のヒトが、その立場を利用してというか関係者だから立ったままで構わないから並んでいる自分よりも先に聴かせろと。

さすがにそこのブースの中の人は席に座っているヒトや先に並んでいるヒトが優先だと毅然とした対応をしていました。

それを気に入らなかったのか、自分が試聴している間もズーっとそのブースに中高年の害悪系オーオタと一緒に屯して試聴の邪魔になるかならないかギリギリの嫌がらせ行為に。

 

 

囲ってくれるオーオタに常識がないからって、自分まで常識のない振る舞いをしてしまうのは、関係者としてだけではなく、人として如何なものかと。

 

 

 というわけもあって、そのブースでの2つツイートに時間があいています。

 

 

まあ、そんな感じです。