読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【VAPE】 Capella Flavors Grapefruit Flavor 【DIY LIQUID】

f:id:godsize:20161018091829j:image

自作リキッド第一弾はCapella FlavorsGrapefruitだけを使って作っていこうと思います。

 

すでにPGとVGを(何も考えずに)合わせたベース液(50:50)を作ってありますので、どの程度の濃さにするか。。。

ということで、テイスティング用のリキッドを作ってみようと思います。

テイスティング用なので、3mlのリキッドを何通りかの濃度で作ろうと思ったのですが。。。手持ちのシリンジの目盛りが0.5mlきざみなので、厳密に濃度を調節できそうもないなと。

 

まあいい。

 

ざっくりと

濃度10% : 香料0.3ml+ベース液2.7ml
濃度約13% : 香料0.4ml+ベース液2.6ml
濃度約17% : 香料0.5ml+ベース液2.5ml
濃度20% : 香料0.6ml+ベース液2.4ml

こんな感じかな。

 

目分量だけど。

 

まずは濃度20%から。

 

普通、下からじゃね?

 

まあいい。

 

シリンジの誤作動です。

 

誤作動?

 

テイスティングはドリッパーで。

 

使用環境

atomizer:DIGIFLAVOR PHARAOH

Coil:Coil Master CLAPTON WIRE カンタル A1 24G+30G シングル

抵抗値: 約0.8Ω

W数:30w

 

20%…。

 

うん。これでいいや。

 

濃いか薄いかでいうと、こんなもんじゃね?といったところです。

 

このGrapefruitのフレーバーとnubilus GRAPE STRATUS FRUITを比べると、だいぶ違うような。。。何が違うんだろう?

ということで、この時のために、数mlだけ残しておいたnubilus GRAPE STRATUS FRUITを吸ってみました。

 

まずユニコーンボトルのキャップを外した時から既に匂いが違います。

Capellaの方も匂いはありましたが、明らかに違います。

nubilusの方はグレープフルーツの皮を剥いたときに出る香りで、Capellaは食べた時に感じる香りといったところかなと。

甘味はCapellaの方が出ていますが、 酸味や苦味の濃さはnubilusの方が上。

再現度という点で見ると、nubilusの方がよくできていると思います。

Capellaの方は作った(混ぜ合わせた)ばかりということやニコチンの有無という点からnubilusの方にアドバンテージがあります。

Capellaの方をもう少し濃くしてみることも考えてみましたが、甘くなり過ぎて、グレープフルーツのサッパリ感が損なわれてしまうような気がします。

 

nubilus GRAPE STRATUS FRUITに近づける為に何かを足すとしたら、まずは甘味を抑えて酸味を増やすことになるので、同じ柑橘系で酸味の強めなフレーバーになると思うのですが、同じCapellaのモノだと甘味がまた出てきてしまうような気がします。

おそらくPerfumer's Apprenticeあたりのフレーバーがいいのかな?とは思いますが。。。

苦味については、ベース液が50:50ということもあり、PGの苦味をほんのりと感じるぐらいなので、甘味が減れば、その苦味で補えるのではないかと。。。

 

あ、

 

コレが沼なのか?

 

そういえば、Capella FlavorsLimeが手元にあるので、合わせてみたら。。。

それはまた別の機会に。

 

 

 

 

参考までに本番(30ml)用の割合を載せてみます。

同時に、ニコリキ化(3mg)もやってしまおうと思います。

(ニコチンはHiLIQのPG100%の72mgです。)

 

濃度10% : 香料3ml+ニコチン1.25ml+ベース液25.75ml 
濃度約13% : 香料4ml+ニコチン1.25ml+ベース液24.75ml 
濃度約17% : 香料5ml+ニコチン1.25ml+ベース液23.75ml 
濃度20% : 香料6ml+ニコチン1.25ml+ベース液22.75ml 

 

実際は目分量になりますが。