読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 ポータブルオーディオフェスティバル2016 東京 【ポタフェス】

行ってみた

2016年7月16~17日に開催されたポータブルオーディオフェスティバル2016 東京

地方開催(名古屋・大阪)を経て、東京・秋葉原ベルサール秋葉原で開催されたわけですが、今回は「~in秋葉原」ではなく「~東京」という表記となっています。

次の12月のポタフェスはどういう表記になるか、少し気になるところですが。。。

 

まあいい。

 

2016年7月16日(土)

前回のように早めに着いてしまうようなことはなく、開場時間ちょうどぐらいに会場に到着。

サラッと建物の周りを歩いて、絶望。

これはどういうこと?

納得のいく説明が欲しいところ。

つまり、今回はウルトラドーンないということです。

しかもキッチンカーが1台のみ。。。あれってキッチンカーって言っていいのか?

 

大変だ!

オーオタが飢えて死んじゃう!!

 

まあいい。

 

そんなこんなで開場時間になりましたが、SMOKING AREAを確認。

やはりというかIQOSのプロモーションも兼ねてのSMOKING AREAでしたが。

あれ?

この季節にしては露出控えめですねえ。。。というどうでもよろしくない感じ。

何が?

 

 

 

やはり、コレは触れていかないといけないところです。

いや、ホントは触れなくていいところかもしれません。

自分が見たまんま、脚色なく。

物販のあたりから怒号が聞こえてきます。

ヘッドフォン祭で良く見かけるタイプのポケットが沢山ついたメッシュのベストを着た老人が誰かに輩っています。

その誰かと間に運営側のスタッフが立ち入っているものの、謝っている様子はありません。

 

どーでもいー。

 

 

ということで、ささっと会場に入ります。

 

 

 

 

役割としてはアイキャッチ

SkullCandyです。

ある意味ポタフェス出展企業のとなりつつあるのかな?と思います。

ここに勢いを感じられるか否か、重要な役割を担っているメーカーです。

 

他にも、1FではParrotやSENNHEISERが出展していましたが、今回は立ち寄りませんでした。

 

 

 

 

 

Astell&Kern  AK70

AK100IIとの比較するとどう違うのかは、殆どわからなかったというのが正直なところ。

AK100IIIって。。。AK300は?というのもありますが、それだけAK70の出来がイイということなんでしょうね。

AK T8iE mkII

マイナーチェンジしたわけなんですが、音の方は間違いないところですので、早くコラボなしのモデルが出てこないものかと。。。

 AK100II RED HOTを持っていたからなのか? 団扇を貰いました。

 

 

 

 

 

発売から7年経て、AH-C710の後継機がやっと出てきました。

まだ型番は決まっていないようです。

デザイン的にはあのアンプを模しているようなところもあるのかなと。

またロングセラーモデルになればいいのですが。。。

 

 

 

 

真空管DAPを出さなくちゃ?というところまで進んでいるようです。

ヘッドフォン祭の時にKORGのブースでNUTUBEを使った試作品のアンプは試聴しましたが、実は真空管っぽい音にする為にDSPを噛ましてあったんだそうです。

ベンクラDAPにそういうのを施すかどうか、話を伺った感じからしたらナイと思いますが、NUTUBE自体が真空管っぽい音がしないということであれば、何のための真空管?という元も子もないコトになる気がしないでもないです。

 

 

 

 

 

 

 ATH-CKR9LTDを愛用しているので、ちょっと気になる製品です。

CKR90はCKR9,10よりもCKS1100に近い独特な鳴り方をしているような気がしました。

それを経てCKR100を聴いたら、頭一つ出た音をしていると感じました。

直前に聴いたイヤホンの音に耳が何かしらの影響を受けるということもある…このパターンのような気がするので、もう少し時間をおいてから聴いた方がよかったかもしれません。

 

 

 

 

 

中のヒト曰く、E700より低音が出ているんだそうな。

E700をちゃんと聴いてないのでよくわかりませんが、そうなの?

たまたま思いついた、攻め足りないイイ音っていう言葉は、ちょっとアレですが、長時間聴くにはちょうどいい塩梅の音といったところかなと思います。

ケーブルのカラーリングは。。。

 

 

 

 

 

 

もちろんAMPERIORでも使えます。

TYPE Bよりもつけ心地の良いイヤパッドだと思います。

用途によって使い分けるというのも考えられるのですが、このイヤパッド用にHD25を買い足すということも。。。ん? 

 

 

 

 

 

 

音自体はイイ鳴り方をしているとは思いました。

2,3,4というドライバーの数でグレード分けされていたものの、明確な違いというか、それぞれのキャラクターが打ち出せていないような気がします。

せっかくヴィンテージ云々って言ってるのに、そういう効率的なグレード分けというのは少し違和感

非効率的な部分があってこそヴィンテージ感を演出できるのではないかと。

見た目だけじゃなくて中身も何かこだわり的な演出があるといいんだけど。

 

 

 

 

 

いつもこういうイベントの時はそうなハーマンですが、今回はちょっと違います

N40という新製品が用意されてました。

製品自体についてはツイートした通り。

こういう混み方だとハーマンの中のヒトも不慣れなせいか、ヒトの捌き方がイマイチだったかもしれません。

それ以上に試聴する側が不慣れな様子だったので、AKGは少し客層が異なるのかな?というところもあるのかも。

 

 

 

 

 

 

混み過ぎて長い行列ができていましたが、気質の異なるオーオタを集めてしまっているような気もします。

空気読めない系というか空気呼んだら負け的な思考の視野の狭いオーオタ。

そういう輩をどう捌くかというところがファイナルの今後の課題かと。

ツイッターで暇潰しというかいろいろ弄りながらだったので、自分は苦にはなりませんでしたが。。。

Fシリーズは筐体のサイズや形状もあって、heavenシリーズより運用しやすそう。

どちらも耳の穴だけで支えるタイプのイヤホンなので、イヤピースだけでなく使用時の耳の状態によって装着感が変わってきます。

heavenシリーズはポロっと落ちることがありましたが、Fシリーズなら大丈夫かも。

フラットケーブルじゃないのでシュア掛けしてもいいかもしれないです。

 

 

 

 

 

フラッグシップ2本立てということになったそうです。

9ドライバーで、K10よりも高い価格設定に「ん?」となったものの、

「あ、鯖…」となって、あーそういうメーカーだったっけなーと。。。

実際のところ、BAドライバーがオリジナルのBAドライバーなので、その分のコストが乗っかってるとのこと。(K10は既製品のBAドライバーのようです。)

ツイートしているマルチプレイヤーとオールラウンダーですが、似ているようでニュアンス的に微妙な違いがあります。

同じだと思うなら同じで構いません。

それ以上は受け手次第なので、何も言わないです。

そんなにこだわってないので。

 

 

 

 

 

 

 

現物を見た事がなかったので。

音自体はノーマルのモノと変わらないとのこと。

そんなことより! 

その節はお世話になりました。

せっかくなので、写真を撮らせてもらいました。

ところが。。。

後ろの方できせかえ工房の中のヒトがめっちゃ笑顔で。。。まあ、わからなくもないですが。

 

 

 

 

 

 

AAWのユニバーサルモデル。

Qは音がどうこう以前に、小さ過ぎて耳にフィットしませんでした。

イヤピースのサイズの問題ではなく、筐体とステムのバランスとか、ケーブルの出し方のところではないかと思います。

NEBULAはツイートしている通り、分かりやすい音だと思います。

ダイナミックドライバーの音、バランスドアーマチュアの音、それぞれの音がそのままのキャラクターで聴こえるといったところかと思います。

BAなのにダイナミックみたいな迫力のある音とか、逆にダイナミックなのにBAみたいに解像度が高いとか、そういう音にできる技術は凄いのですが、本来ならそういうのは要らないのかもしれません。

 

 

 

 

 

次世代のiPhoneからイヤホンジャックが撤廃されると噂されてますが、そうなると、イヤホン・ヘッドホンを使うならBluetoothかLightningのどちらかでの接続ということになります。

以前からBluetoothのイヤホン・ヘッドホンはたくさんリリースされているので、今後Lightning接続のイヤホンはどうなっていくのか気になるところ。

聴いてみた感じでは、まだまだ発展途上の段階なのかな?といったところだと思ったのですが、少し違うかもしれません。

技術的にLightning接続で音楽を聴くことができるというところは達成していますが、音作り(チューニング)という点でこの手のガジェットメーカーがどこまで本腰を入れて取り組むかというと、彼らはオーディオメーカーではないので、伸びしろがあるのに、伸びていかない可能性があるんじゃないかと。

明確な数字が伴わないところに投資はされないでしょうから、なかなか難しいところなのかな?と思いましたが。。。

このお姉さんに話してもね〜。。。

 

 

 

 

 

やっとフォロバしました。

今回フォローされてたことに気付いたわけです。

あ〜申し訳ない〜とツイートしてて、手にしたDN-2002を試聴するのを忘れたというね。。。

春のヘッドフォン祭で試聴したんで、まあいいか。

SPIN FITはしっかりいただきましたが。

 

 

 

 

 

ZERO AUDIOから一気にこれだけの製品がリリースされることって無かったと思います。

これから何か仕掛けがあるんじゃないかと 。。。たぶん。

CARBO MEZZOは真ん中を意味するMEZZOというネーミングとは裏腹にドンシャリ

ドンシャリの中でも出来がいい方のドンシャリかと思います。

WHITE TENOREは筐体の色や素材は違うものの、スペック的にはCARBO TENOREと同じなんだそうです。

要するにカラバリということになるのかな?と思います。

ZERO BASSは3機種ありましたが、最上位のZB-03だけ試聴してみました。

物凄くしっかりとした音だと思います。

オーオタがあまり見向きもしないタイプのイヤホンと見せかけて、こういう音だったりするのは、ちょっとズルい。 

 

 

 

 

 

エレクトロミュージック向けということについて、Perfumeを何曲か聴いてもイマイチ…。 

キレの良さや低域の迫力が伝わってこない、温めな音のように聴こえてしまいました。

ジャンルを変えて、JAZZを聴いてみると、その温さがちょうどいい感じに聴こえました。

以前、WORLD MUSIC向けのイヤホンを聴いたら、メタルとの相性が良かったということもあったので、ネーミングやコンセプトはあまり気にしなくていいような気がします。

ただ、価格帯からすると他の選択肢も考えられるので、このイヤホンを選ぶ理由というのがわからないというのが、正直なところです。

 

 

 

 

しっかりと作りこまれたイヤホンだと思います。

価格とスペックのバランスも妥当なところだと思います。

ここまでいってるイヤホンとなると、ネームバリューリセールバリューなども重視されるのかな?と思います。

コレのCIEMサービスがあるといいのですが、ブースにいたヒトが日本語喋れない系っぽく見えたんで、何も聞きませんでした。

 

 

 

 

 

ULTRASONEedition10IQを足して2で割ったようなデザインに見えました。

音の方はジャンルによるところがあるのかな?ということがスグにわかるような音だと思います。

革のケースはなかなか良さげ。

 

 

 

 

 

AK100IIを入手したこともあり、バランスのケーブルを1本ぐらい持っておいてもイイかもと思ったのですが。。。

自分自身、バランスの恩恵をイヤホンで感じ難い耳の持ち主ということもあって、正直なところ、よくわからなかったです。

ヘッドホンだとバランスすげ〜ってなるんですけどね。

ORBのケーブル自体は相変わらずよく出来てるなと感じたのですが、バランスって?となると、うーん。。。

もう少し経験を積む必要があるんだと思います。

 

 

 

 

 

 

後になってプレーンな音というのが特徴なのかな?と思いました。

(フラットとはちょっと違うような気がします。)

EQでの味付けで楽しむDAPという認識なので、そのEQがどうなのか次第で評価が変わるのかもしれませんが、AK100IIを買ったばかりなので、掘り下げるのはあまりしないように、そこそこの弄り加減で試聴しました。

ツイートした通り、手に持ってAK100IIと比べてみて、やや軽量なんじゃないかと感じました。

 

 

 

 

 

いつも通り、ザーッとツイートとその補足を並べてみました。

 

 

 

 

 

 

そういえば

スタンプラリーの ガラポンで何か当たりました。

やったね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例の苦言のコーナー

苦言と言いますか、気になったところはいくつかありましたが。。。

開場直後の物販の件、あんなもんは想定内の老害ハプニングです。

飲食でいえば、ビーツ丼に始まりウルトラドーンへと続いた松屋とのコラボがなくなったのは非常に残念。

長時間居座り続けたオーオタもブースの前で無駄に駄弁って邪魔だった出展側の外人さんも、きちんと捌けなかった出展側にも責任があるとは思いますが、そういった注意を運営側が行っている様子がなかったのが一番気になりました。

 

 

そして、一番の問題は7月30日(土)にポタ研が開催されます。。。

 

 

このスケジュールは如何なものかと。

 

 

いや、一番の問題はコレ。