読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 ポタ研2016冬 に行く前に 【ポタ研】

雑記 行ってみた

 

 

ポタ研2016冬!

 

 

もうすぐなのにね。。。

 

 

目玉があるの? ないの? どっち?

 

 

情報が少ない。。。

 

 

ヒトの感じ方や興味の有無に差があるので『ない』とは断言しませんが。。。

 

 

 

 

2016年1月のCESnamm showで発表されたものがどの程度ポタ研に持ち込まれるか…やはり、そこなんです。

 

ただですね、ポタ研はヘッドフォン祭の縮小版ではなく濃縮版であるべきではなかろうかと、自分は思うわけです。

 

祭には出ないけど、ポタ研なら出る!っていうメーカーがあってもいいんじゃない?

 

 

 

という前振りにもならない能書きはこれぐらいにして。。。

 

 

 

 

 

今回は、中野に行くんだし、おいしいもん食べたいじゃん。

 

というわけで、今まで自分が中野で食べたものをまとめてみました。

 

基本的に、孤独なぼっち飯 一人飯なので、おひとり様でも入りやすいかもしれないお店ばかりかと思います。

何かの参考にしていただければと。。。

 

 

 

 

 

ポタ研の時とヘッドフォン祭の時に寄らせてもらったのですが、似たようなメニューになったのはホントに無意識でした。 後で気づいて…orz。 

 

 

 

ダブルスープを世に知らしめた超名店。 今となっては各地に支店がありますが、中野に本店があります。

 

 

 

またかよ…と言われそうですが。 おいしい担々麺のお店です。  コチラも併せてご覧ください。

 

 

 

ちょっと変わった蕎麦をいただけるお店です。 カウンター席のみでちょっと狭いかもです。

 

 

 

ごめんなさい。 もしかしたら違うお店かも…。 あまり覚えていないのですが、日付的にはポタ研の時に寄らせていただいたお店です。

 

 

 

“ほおずき”の道向かいにあるお店です。 ちょっとおしゃれな感じのお店です。

 

 

 

知り合いに紹介されて行ってみました。 “ほおずき”の2軒ぐらい隣りにあるタイ料理のお店です。

 

 

 

フジヤエービックでUniqueMelody Mavis,Macbethの試聴会があった日に寄らせてもらったお店です。

 

 

 

フジヤエービックでBeyerdynamic×AK T8ieの試聴会があった日に寄らせてもらったお店です。

 

 

 

 

 

飲み会?オフ会?なにそれ?おいし(ry

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

 

まさかの、

 

ここで、

 

本題。

 

 

 

 

  • Westone AM Pro10,20,30 → NAMM Show 2016で発表されたアンビエントのついたIEM。 ポタ研で試聴できることになったようです。 ここ最近のWestoneのユニバーサルモデルの音の傾向からすると、たぶん低域を盛った解像度高めな音なのではないかと。 アンビエントがついたことによる音漏れはどうなのかとか、W10,20,30UM Pro10,20,30との比較とか気になるものの、その辺のことは専門家さんにお任せします。
  • audio-technica ATH-E40,50,70 → NAMM Show 2016で発表されたIEM。 IMシリーズの後継機的な位置づけになるのか、それとも併売されるのか棲み分けが気になるところです。 40がD1組(デュアルプッシュプルドライバー)、50がシングルBA、70がトリプルBAという構成。 個人的にはドライバーの数で勝負を避けたのは好印象。 4月中旬発売ということで、春のヘッドフォン祭の前という絶妙に外したタイミング。 もちろん、いつもの通りテクニカはポタ研に出展しないということで試聴はできないと思います。
  • FOSTEX TR-70,80,90 → NAMM Show 2016で発表されたヘッドホン。 たぶんモニタリング向けのヘッドホンだと思います。 既発のT50RP mk3nの意匠が見受けられるデザインですが、T50RP mk3nは平面振動板のドライバーを採用しているのに対し、TR-70,80,90は40mmのドライバーを搭載しているとのこと。 インピーダンスは3機種とも250Ω。 70は開放型、80は密閉型、90はセミオープンという棲み分けがされている。 日本での発売はまだ発表されていないということや、ユーザー視点からT50RP mk3nとの棲み分けができるのかというところから、たぶんFOSTEXの中のヒトはまだ迷っているような気がする。 もしかしたら試聴だけはできるのかもしれないけど、どうなるか分からないようなものは持ってこれないという判断がされるんじゃないかなと。 こんな予想をした直後に「試聴できます!発売します!」とかになるかもしれない。。。という淡い期待だけしておきます。
  • AKG K52,72,92 → NAMM Show 2016で発表されたヘッドホン。 たぶんモニタリング向けのヘッドホンだと思います。(ここまでFOSTEXと同じになってしまった…) ポタ研にHarmanが出展するので、もしかしたら…というのもあるのですが…。 Harmanもコチラ系のヘッドホンの取扱はしているものの、どちらかというとヒビノの方がコチラ系のヘッドホンが得意な印象があります。(商流的なところだけかもしれませんが) 今までもそうだったように、発表したからって日本での取り扱いがあるわけじゃないです。 日本側なのか本国側なのかわかりませんが、Harmanは国内導入するか否か、非常に厳しく綿密に調査して判断される傾向があるので、正直どうなるか予想がつきません。 ということで、これも淡い期待だけしておきましょう。
  • Fender DXA1,FXA2,5,6,7 → NAMM Show 2016で発表されたFender初のイヤホン。 事前のアナウンスがありませんでしたが、FenderAurisonicを買収し、その経緯からFenderのイヤホンが誕生したということ。 Fender自体にイヤホンを作るノウハウは無いので、個人的には「初のイヤホン」という文言にモヤっとした印象があります。 昨年発売されたAurisonicBRAVOシリーズによく似た形状をしているのですが、実はいろいろと仕様が異なるようです。 タイミング的にはポタ研に展示・出品されてもいいような気がしますが、Fenderの方針からすると、このタイミングではまだちょっと難しいのかな?と。 以前、山野楽器Fenderの国内代理店をしていましたが、本国側のFenderの方針が変わり、日本法人を設立。 当時は、Gibson日本法人を立ち上げた時のように、今までの日本の商慣習やクオリティコントロールといったノウハウを取っ払って我が道を行ってしまうのでは?という懸念が噂されていました。(実際のところはどうなんでしょうか?) ということと、Aurisonicの国内代理店をしている完実電気の出展ブランドにAurisonicが入っていないことから、FenderのイヤホンはFender日本法人フェンダーミュージック株式会社が取り扱うのではないかと自分は予想しています。 ただ、商流的に楽器・機材の販路は確保しているものの、家電・専門店の販路に疎いので、beatsAppleに買収された時のように、フェンダーミュージックから完実電気へという販路になるのかな?という予想もしています。 あと、ここでまたモタモタしていたらBRAVOシリーズの二の舞になってしまうような気がするので、スピーディに市場へ投入するべきかと思います。

 

 

スクロールおつかれさまでした。