AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 秋のヘッドフォン祭2015 【祭】

 

2015年10月24~25日 中野サンプラザで開催された秋のヘッドフォン祭2015

10月24日(土)に寄ってみました。

今回は目玉が多すぎて、どれが目玉なのかよくわからない…下手をしたら超ド級の製品なのに埋もれてしまうものもあるのでは?という思えるぐらいの勢い。 選択肢が増えることは消費者にとっては嬉しい事ではあるのですが…。 裾野を広げる製品というよりも、今まで広げた裾野の中でどのように儲けていくかという視点での製品群が多いのかなと。 その中で、今回は全く注目していませんが、SONYは「h.ear」シリーズという、さらに裾野を広げる方向の新製品を投入しているという点が他社との違いなのかな?と思ったりしています。

という能書きはともかく。

早速、本題にいきます。

 

 

 やっぱりというか、なんというか。

音に関しては文句なしです。

コレってWIZARDデザインなの?っていうのを尋ねてみたら、今までの黒っぽいアクリル?筺体のヤツもこの新しいNOBLE AUDIO K10 alminiumもWIZARDデザインなんだそうです。

カスタムのWIZARDデザインのそれとはだいぶ差があるような…。

好き嫌いはヒトそれぞれ何でしょうけどね。

慣れれば何てことないよ。

 

 前に聴いたときは…あまり思い出せないや

LP5pro → L5pro (訂正)

LP5plus → L5plus (訂正)

いや、音は良かったというのは憶えてる。

表側の違いはないけど、裏側が木目かカーボンかで違いが分かる。

UIは慣れもあるとは思うけど、もう少し頑張らないとね。

スクロールぐらいできないと。

 

聴いた数分後TL上では…

なんで、そんなにそこまでネガティブ? というのはあるものの、まぁヒトの感想なんでね。

どれもエージングはほとんどされていないとのこと。

X8iXR8i (訂正)はそのせいか…もう少し経ってから聴いてみたいなというような音。

X20iは音は凄く良くできていると思った。

ただ、リケーブルのSSMCXの端子のある位置が筺体のところではなくケーブルの途中というのは…たまに自作erでそういうケーブル作るヒト見かけるけど。

ネジ式というのはいいアイデアだとは思う。

Klipschの独特なハウジングの形状から、筺体に端子を埋め込むことができなかったようだ。

リモコンマイクの件です。 X10とX11でリモコンマイク付きとリモコンマイク無しのラインナップがあって、日本ではリモコンマイクが付いていると好まれないということが通説としてあったものの、実際蓋を開けてみたら、結果は逆であったと。 実績という数字が出てしまったようです。 五分五分ぐらいかと聞いたら、それ以上に違うと。 

何やってんの? オーオタは口だけか? ちゃんと買えよ!

でもね、同時発売をしていないという点で、ちょっと条件が揃ってないなと。 値段についてはリモコンマイク付きが少し割高な分、公平な条件かと。逆に、アップル製品を使っていて、それなりのイヤホンが欲しいけど、リモコンマイクがあったモノが欲しいというヒトの選択肢がX10とかX11ぐらいしかなかったというのもあるのかもしれない。 集計結果を数字で見たわけではないので、あくまでも予想と妄想です。 ネット特有のラウドマイノリティは要注意ですな。

 X12iを聴いたという記事を見かけたんだけど、ホントに聴いたのかな? 内容を見た感じだとXR8iをX12iと勘違いしてるのでは?

 

全くの不勉強ですわ。

何の事前情報も見聞きすることがなかったもので…TL上で多少話題が流れてきたのは見かけてましたが。

聴いた感じはツイートした通りで、中域が抜け落ちてるわけではないのですが、ドンシャリではない、高域と低域に特徴のある音だなと。

 


10cc - I m Not In Love  試聴音源はコレが流れてました。

生々しい。

うむ、何かと捗りそう。

Athena AI → Athena A1 (訂正)

アンプは真空管が中に入っているんですが、排熱の穴が見当たらないなと思ったら、正面のアルミの周りに隙間が開いていて、そこから排熱されるようです。

正面以外はガラスの筺体で、インテリアとしてもいいんじゃないかと…ウチには置く場所がないな。

電源が要らない静電型ヘッドホンということで、仕組み的なことは詳しくないので割愛しますが、iPhoneでも鳴らせるぐらいにインピーダンスが抑えられているのには驚いた。

 

前回のポタ研で

野村ケンジさんに勧められるがままに聴くことになったmini to miniのケーブルが会場限定で受注するということに。

自分が投票したのはウエスタンエレクトロニクスの下請け会社のデッドストックだったとのことだったが、もう少し掘り下げて聞いてみた。

元々、ウエスタンエレクトロニクスは電話とかもやっている会社だったらしく、電話の声をクリアに聞こえるように良質なケーブルを使っていて、それがこのケーブルだったとこと。

ポタ研の時は何だかよくわからないデッドストックのケーブルと言われて、それが何でこんな音するんだろうと思ったものの、これでやっと「なるほど」と思えた。

 

ありそうでなさそうで

フルレンジ4発ってどういうことなんだろう。

PCのメモリ増設して動作が快適に なるみたいなもんか…というわけわからんこじつけ解釈を勝手に自分がしたイヤホンがあってですね、ZERO AUDIOのDOPPIOなんですが、DOPPIOはフルレンジ2発という違いはあるものの、それに似たようなもん?

まぁ、そんなアレはどうでもいいとして、なかなかコレはよかった。

中身のことはともかく、CW-L33BとかCW-L05QD2とかどういう聴き方するかを提示してるCIEMって珍しい。

 

短い。

PHA900 → SHA900 (訂正)

時間が短すぎて…いろいろ出来ることがあるんでね、いろいろ試すにはちょっとアレ。

Fiio X5のLINEOUTからの出力をそのまま入力してしまうと入力過多になってしまうようで、アンプ側でそこら辺を調節してあげるようにできてるみたい。

 一応、iPhoneでも動作確認。

カメラコネクタは不要、Lightning to microUSBで繋ぎます。

いろいろできるのは事前情報でなんとなくわかったけど …

事前情報といえば、小出しして煽っていくつもりがダダ漏れでしたね、いろいろと。

このポタアン、一昔前ならこれで良かったと思う。

あと2年出るのが早ければね。

SE846 blueはちょっと地味な色だなという印象。

サテンブルーということなんだそうですが、ロゴを金色にしてロイヤルブルー的な見せ方をしたらだいぶ印象が変わるような気がしないでもない。

クリアが好きな人もいらっしゃるとは思いますが、自分はちょっと苦手。

カラバリがあるのは大歓迎だが、CIEMみたいにシェルカラーを選べて、1週間ぐらいで好きなカラーリングのSE846が手に入る的なサービスを開始しましたの方が、数倍大歓迎である。

 

問題の逸品。

正直、大手を振って大絶賛できるほどのものなのか、よくわかんない。

SE215っぽさというか、SHUREのダイナミック型のハイエンドがでるとしたらこういう音になるんかな?という印象。

ここで1つ苦言。 ドライバーの数を増やしたSE846の上位機種っていう予想をしていた方やハイブリッドが出るという予想をしていた方はいらっしゃったようですが、それって、ここ数年で浮上したニーズであって、SHUREの開発スピードを考えたら、その辺りの製品が出るのはまだまだ先のことかと。 妄想するのとガッカリするのは勝手ですがね、目に余る言動は控えてほしいものです。

とはいえ、まさかの静電コンデンサーが出るとは思わなかった…とか言いながら、

 みたいなのを予想しちゃったりして…。

 

こんなヤツも来るわけです。

SHUREの中のヒトも大慌てである。 

 

正直、潰れたと思ってた。

Go Vibe、まだ生きてたのか。

音は以前の真空管らしからぬ超パワフルな音という印象から、だいぶ真空管らしさが前面に出てきたかなと。

ゲインも以前は基盤を出して云々だったのをちゃんとスイッチで調整できるようになってる。

お値段はツイートした通り、JABENの取り分がなんとなくわかっちゃうのは如何なものかと。

 

難しい

KD-FP10響とは真逆の設計思想なんだろうな。

響かせないっていうところで、どう鳴らすか…。

なかなか難しいことになってるような気がした。

音場表現とかさせないとか、モニタリング用途ならなんとなくわかるんだけどね。

 

まず、マナーがなってない。 

ここでまた苦言。 テクニカの初老の頭髪が散らかったじいさん、試聴してるのにヘッドホンの遮音性を打ち破るほどの大声で話をするのってどういうこと? もしかしてその程度の遮音性しかないヘッドホンを開発したってこと? 作り直した方がよくない? 

それと、でかいカメラを持った邪魔くさいリュックの巨漢のオサーン、自分中心に世界が動くように自分の体を大きくしているんか? 思い通り動いていると思ったら大間違い。 周りが避けてるだけ。 試聴機の前で長時間座りこんで動こうとしないし、こっちは椅子に座ってるのにリュックがぶつかりそうになるし。 出禁になればいいのに。

というのはともかく。

ATH-CKS1100は自分の手持ちのATH-CKR9LTDと同じプッシュプル方式のドライバーを採用しているとのことだったので、低域の締まりが良くなったATH-CKR9,10みたいな感じかな?と予想していたけど、それとはまた違う音だと思う。 ATH-CKR9,10は大きいわりに装着感がイイ感じだったけど、ATH-CKS1100は普通に装着した限りではそんなにイイ感じではなかった。 もちろん個人差があるところなので、そこは間違いなく良い悪いの話ではない。 ただ、シュア掛けしてみたら、かなり安定した上に音の変化が大きいように感じた。

ATH-WS1100はノーマークだった。 ATH-MSR7と対になるヘッドホンになるんじゃないかなと。 ちょっと大型かもしれないけど、SolidBassだからいんじゃないかと。

ATH-ESW950は昨年限定発売されたATH-ESW9LTDの印象が良かった分、その音を継承するかと思いきや、そうではないようで…。

ところで、audio-technicaは何故mmcxをそこまで嫌うんだろう。 mmcxの精度も上がってきているし、扱い方さえ気を付ければ問題ない。 新しい自社開発のケーブルはimシリーズのケーブルとも互換性がないのもよくわからない。 たぶん、テクニカの中の開発の偉いヒトが個人的にmmcxを嫌ってるだけなんじゃないかと。 ケーブルの主流は良くも悪くもMMCXなんだし、数字をちゃんとみればテクニカの判断は個人的なものになるんじゃない? テクニカの独自規格を世に広めようとしているなら個人的な判断じゃないと思うんだけどね。

 

 

 

バラせなかったけど 

どうやら自分のTHA-8と中身は同じようだ。

上海問屋で16,000円で購入したんだけどね。

THA-8Xは33,000円と…倍以上か。

違いは代理店があることと1年間の保証が付いていることぐらいかな。

代理店のヒトは上海問屋が中身を変えてるかもしれないとか言ってたけどさ。

上海問屋がそんなことするとは思えない。

(自分でOPAMP替えちゃってるけど。)

 

でっかいバッテリーだな。 

あまり見かけない大きさのバッテリー。

バッテリーが大きい分、高さがあるので、いろんなタイプのOPAMPに換装できるんだろうな。

OPAMPで音の変化を楽しむのもありだと思うけど、それ以外にもバッファーとか電池の種類とかいろいろ替えて遊ぶパーツがあると面白そう。

 

ボリュームは普通のダイヤル式の方がいい。 

あの電動髭剃りみたいなボリュームは微調整が難しいかも。

慣れの問題かもしれないけど。

横のダイヤルはBASSとTREBLEとGAINなんだけど、どれか一つボリュームに変えるとか。ダイヤルを4つに増やすとか。

音自体は悪くはない。

まだ試作機なので調整が入るんだろうな。

 

spin fitすくいやるの忘れた。

でもそれどころじゃなかった。

ソニーのヘッドホンのデザイナーの小宮山さんと言えばアフロだったんだけど、角刈りになってた。

音茶楽の中のヒトってソニー出身だったんだっけ? それで小宮山さんが挨拶に来たんかな?

※小宮山さんは有名なところだとタイヤホンとかPHA-1とかの開発に携わってきたソニーのヘッドホンを語る上で欠かせない重要人物の1人。

Chonmage3号よりちょんまげ君のインパクトが…。

どちらも名前がアレですが、ちょんまげ君は高域と低域をバッサリ切って中域つまりヒトの声をフォーカスした音で、英語のヒアリング(勉強)用に特化したイヤホンなんだそうな。

試しにいつもの試聴音源で聴いてみたところ、思わず「ああぁ~」と声を上げてしまった。

 

もう取れそう。

試作品なんで仕方ないけど、左側のケーブルが外れそうになってた。

音はちゃんと聴くことができた。

TRIOとかKL-REFとはちょっと違うタイプの音、普段使いの音に寄せてきた感じかな?

そうそう、今回は囲いさんが少なかったので、ササっと席に座ることができた。

ん?KF-REFの初試聴の時もそんな感じだったな。 

制作中のKF-REFですが、ステータスが「実装」となってたんだけど、それについて今どのあたりか尋ねてみた。→「実装」→「ネットワーク」→「フェイスプレート」→「仕上げ」→「発送」だったかな?スケジュール的には順調のようです。(11月半ば?)

 

日本語が達者でらっしゃる

木製の筺体にAndroidのプレイヤーが組み込まれてるみたいな感じ。

プレイヤー部分はもうひと工夫ほしい

音は木製筺体が云々が関係あるのかはわからないけど、ムチっとした密度の濃い音をしているように感じた。

 

丸いとこはタッチセンサー的な アレじゃないのね。

たしかアップルが特許侵害したことになったアレかと思えば、コレに実装されるわけないか。

物理ボタンがなくなったX5みたいなもん? 反応は結構鈍い。

ブースには本国のヒト(オバハーン)が2人いたけど、ずっと中国語で2人が喋ってるだけで、何か質問してもちゃんと答えることができなさそうだった。

 

要再試聴です。

ドブルベトロワ → ドブルベヌメロトロワ(訂正)

ドブルベキャトル → ドブルベヌメロキャトル(訂正)

どちらもイイ落としてると思う。

メーカーさんの話だと、ヌメロトロワはヌメロドゥの純粋な後継機的な製品で、ヌメロキャトルはそこから例のベリリウムコーティングによって低域が締まることで高域が伸びるということのようです。

そのベリリウムコーティングが相当難しいモノのようで、それで10kの価格差が出てしまったようです。

 

何をやっても

色々言われちゃうね。 

そういうのは大体10人ぐらいなんだと把握しているようです。もっとも日本よりも…この辺にしときます。

さて、他との差別化を明確に打ち出している点があるだけ評価するポイントが分かりやすい。

アップコンバートした音がどうなのか?

CDから取り込んだ16bit/44.1khzの音やアップルストアで購入したmp3の音源がこのVALOQでどのように聴こえるかというところが、この製品のキモになるんでしょう。

そういうのは製品版でじっくりやったほうがいいんだろうな。

 

 「p」の意味がアレ

たしかポータブルだったような…

ポータブルに求める条件がお国柄によって違うということを考えると、日本側から出た要望ではないんだろうな…と思いながら聴いてたら、

ヒトに迷惑をかけない場所でポータブルしてくださいね!

 

coaxialにもいろいろ違いがあるようで

3極と4極があるらしく、Fiio X5は3極なので4極のケーブルを使うとちゃんと音が出ないようです。(当日発覚したらしい)

3極のmini to miniなら大丈夫のようです。

 

10月25日(日)に発表はしたようですね。 

ちゃんとした試作品ができてからあーだこーだしましょう。

 

どういうこと?

一昔前のAnroidってこんなんだよなっていう操作感。

音は悪くはないと思います。

バンパーはプラグの形状・大きさによっては邪魔になるかも。

XDP-100Rより少し上のランクの音

スペックとか事前情報からわかってたことですが、実際に聴いてみてもそういう印象。

操作感はXDP-100Rみたいな感じじゃなかったけど、まぁまぁ許容範囲。

 

この2機、XDP-100R vs AK100II と DP-X1 vs AK120IIという構図を予想していたのですが、ちょっとそれはもうちょっと様子見が必要かなと。 正直、ここまでAndroidを前面に出してくるとは思わなかった。 XDP-100RとDP-X1はDAPというよりも小型タブレットにアンプ的な何かが内蔵されているような感じかな? そういった意味では、DAPらしさという点ではAKの方が分かりやすい。 定額配信での使用も考慮されているという点ではXDP-100RとDP-X1はいいのかもしれないけど、定額配信はスマートフォンでいいんじゃないかと思う。

 

それはそうと、ここのブース注目の製品があるので沢山のヒトがやってくるわけで長蛇の列。座って待っていられるとはいうものの、どうもよろしくないなと。

 1人5分という表示はあった。 これはその場所に5分までという意味で、試聴できる時間ではない。 試聴+質問で5分。 砂時計はあったけど使われてなかった。 気になったので、他のヒトの試聴時間を計ってみたけど、ほぼ守られてない。 コレはよろしくないなと。 自分はタイマーを付けて試聴してて、時間になったから話の途中だったけど席を立とうとすると、メーカーのオサーンは「まだ大丈夫ですよ」と。 「待っているヒト沢山いますよ」と言うと「構わないですよ」と。 

コレが長蛇の列の元凶か。

 不慣れなことをするとコレだ。

 

よくわかんない

日本側へ何の説明もなくいきなり持ち込まれて、展示会に出して…誰も何も説明できない…いろいろ大人の事情をお察し致します。

ほんとドイツ本国側は口だけだな。

メディアとかで日本へのリップサービスをしてもね、ここ最近の製品と展示会の状況でなんとなく把握できちゃうわけですよ。

何も資料がないなら参考出品の「HD800とHDVD800の色違いです」だけでいいよ。

因みに例の密閉型は特に進捗ナシだそうです。

 

遅めの時間に寄ったのでだいぶ空いていた

昼間は長蛇の列というかJustearなのかFitearなのかよくわからないけど、とにかく混み合っていた。

耳の穴に入るノズルはだいぶ短い。

これは音の出る場所を広くすることでベント(穴)を設ける必要がなくなり、遮音性を維持することができる…らしい。(ちょっと省略しすぎたかな?)

シェルの色はどちらかと言うと白の方がAirの名前に合っているじゃないかと。

 

日が暮れるヒトも少なくなるもんだな。

A8とは書いてありますが、実際はU8。

ユニバーサルもカスタムの試聴機も同じらしく、マベカスのようにユニバーサルとチューニングを変えるようなことはやらないようです。

むしろマベカスのパターンの方が稀か。

カスタムもユニバーサルも全部やるんだそうです。

時間をかけてじっくり聴き比べた方がよさそう。 

tri fi は聴いてみないことにはなんとも。 

装着感以外、テンプロの良いところも悪いところもそのまま継承しているなら欲しい。

テンプロをリモールドしたら音が違うという噂もあるし、くみたてLabのTF10 KAIも別モノだと思う。

楽しみは12月へ持ち越し。

 

失礼ながら本命は コチラではなく…

何とか間に合ったみたいね。 

終了間際に聴くことができました。

今までのFiioのDAPにはないオーディオらしい音…というとちょっと言いすぎかもしれないし、X5とかどうなん?ということにもなるんですが、いままでのDAPモニタリングを目的としたようなソリッドな音をベースに味付けをしていって派生機が出てきたのかな?とコレを聴いて思った。

もう少しじっくり聴いてみたい。

 

終了間際なのに

寄ってみました。

PCオーディオの環境をそろそろ刷新したいなと思っていたところだったんで、すごく興味がある。

 

余談ですが。

TEAC版のDAPが出ないのは何かあるのかな?という期待と妄想があるわけです。上にも書いた XDP-100R vs AK100II と DP-X1 vs AK120IIという構図が成立していると仮定して、TEACにはAK240に対抗できるDAPを期待したいわけですよ。

あとはツイートした通りです。

 

 

他には、FOSTEXのHP-V8。

持ってくるかな?と思ったら、ちょっと客層が云々ということで止めたらしいです。

聴きたかったらショールーム行けばいいのかな?

 

ortofonはちょっと寄れなかったな。

つか、e-Q7,8のリケーブルモデルがあったらいいのにね。