AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 UniqueMelody MAVIS 【HYBRID】

 MAVERICKに続く待望の新製品

 事前情報では3機種作られているとのことだったが

2機種になっちゃった。

UniqueMelodyの戦略上、MAVERICKMAVISとMACBETHは棲み分け出来る製品になったが、もう1機種がどこにもハマらなかったということのようです。

試聴してからその話を聞いて納得。 

気になるカスタム化の話

呼び名はともかく、カスタム化されるかどうかは反響次第とのこと。

反響とは?作ってくれ~っていう要望の件数もあるとは思うけど、売上の数字のことだと思う。

MAVERICKのカスタム化された時、同時期に発売されたMASONがカスタム化されなかったのは、その反響というのも理由の1つと考えられるが…

UniqueMelodyの戦略

要するに「売り」のこと。

ハイブリッドをUniqueMelodyの「売り」にしていくようだ。

CIEMの多くはBAドライバーで構成されているが、UniqueMelodyはどこよりも早くハイブリッドのCIEMに取り組んでいた。

“MERLIN”のことね。

BAドライバーだけで構成されているCIEMは多くのメーカーが音ではなくドライバーの数で勝負せざるを得ない状況の中、似たようなドライバー構成の製品を出すのは如何なものか。

スペックで判断されるようなところがあるなら判断が難しいというかまだ未知の領域であるところが多いハイブリッドで勝負を仕掛けた方がいいかも。

ということもあってBAドライバーのみで構成されているMASONのカスタム化は見送られたようです。

逆に

“MERLIN”のユニバーサル化はどうなの?と聞いてみた。

「それはやらない」らしいです。 

気になるところですが、MAVISとMACBETHが出たばかりなんでね。

次はまだまだ先の話でしょう。

たぶん次というか今度は64AUDIOで忙しくなるんでしょ?

 という話をコチラで伺いました。

 ※一部、自分の妄想が含まれています。

 

本題

1つ気になること

エージングについて聞いてみた。 

さすが エージングマスター

2週間のエージングをざっくり計算すると

 14日間 × 24時間=336時間

多少前後するとして、300時間以上エージングするとこういう音になる。

この数字、後ほどの検証で使います。

 

5日後

今度はe☆イヤホンの店頭試聴機で聴いてみた。

なんだよペチョって。

たぶん「店頭にウェットティッシュを置いてくれ」っていう要望は昔からあったと思うんだ。

それでも置かずに店頭スタッフがメンテナンスして清潔を保つというのがポリシーなんでしょうね。

でもね、現状の集客を見る限り、追いつかないでしょ。

そのポリシーを貫くっていうんだから、「できてねえよ」と文句言われても仕方がない。

いや、「できないんだからコッチでやるよ。」という気持ちではいるんだけどね。

汚い試聴機を耳につけて変な病気になりたくないし。

せっかく、聴きたいイヤホンを自由に聴けるホントにありがたいお店なんでね、文句なんか言いたくないです。

 

その2日後

https://twitter.com/owl_26/status/645436875797213184

ん?これって?

まず、自分が聴いた段階では壊れているというほどのアレは気付かなかった。

タダで聴けるものだからって、いや、自分のものじゃないのにね。

その人の所有物だったらそういう風にしても誰も文句言わんよ。

それは店の所有物もしくはメーカーが貸出してくれたメーカーの所有物。

つまり他人のものという意識がないんだろうね。

その後

MAVISが交換されたのか、それとも壊れたというほどのアレではなく修繕された程度ですんだのかわかりませんが、試聴機は聴くことができるものでした。

それにしても、試聴会で聴いたのと違うような気がして仕方がない。

これはエージングの問題なのだろうか?

 

検証してみよう

  1.  e☆イヤホンの店頭に試聴機が設置されたのが2015年9月15日
  2. 自分が店頭試聴機の音を聴いたのが3日後の2015年9月18日
  3. 試聴機が壊れたのが2015年9月20日
  4. 試聴機が交換交換されたとしたら翌営業日の2015年9月24~25日かな?
  5. 再度自分が店頭試聴機の音を聴いたのが2015年9月26日

※日付にリンクを貼っています。 

 店頭試聴機のエージングについて

営業時間が11:00~20:00だから9時間 試聴で使われている時間をエージングしているとして、どのくらいの頻度で試聴されているかだけど、正直わからないので、自分が店舗にいる時間でなんとなく見た感じでザックリ…1時間に3~4人が試聴していて、1人5~10分程度試聴しているとすると、1時間あたり15分~40分使われていることになるから、平均20分程度かな? 

ということで1日当たり 9時間×1/3(20min)= 3時間 試聴されていると仮定する。

 

さて、ここでもう1つ

販売店に提供される試聴機はメーカーがエージングしたモノを提供しているのか、全くの新品の状態のモノなのか。

これはメーカーの規模や製品の特性によって一概には考えられないけど、専門店だけでなく主要都市の量販店にも提供されるとなると提供される数は相当な数になるのと、メーカーというか少人精鋭で回している企業であれば、そこまで手が回らないので…

ここは新品の状態のモノが店頭試聴機として設置されたとする。

 

…ふぅ。

 

ここから検証していきます。

初めて店頭で試聴したのが…

1.⇒2. 3日間だからエージングは9時間。

※この時期は試聴する人が多かっただろうから、もう少し長いとは思う。

壊れた試聴機が交換せずに修繕されたのであれば

1.⇒5. 11日間だから33時間。

※普通のイヤホンであれば大体これぐらいで充分にエージングされてると思う。

壊れた試聴機が交換されたとしたら

4.⇒5. 長くて2日間だから6時間。

まぁ、そんなもんでしょうね。

 

ではあの試聴会で聴いたのと同等なモノを試聴するには?

試聴会で聴いたのが300時間以上エージングしたものだから…。

それと同等のエージングを要する日数が300時間÷3時間=100日とすると、

 壊れた試聴機が交換せずに修繕されたのであれば

2015年12月23日。

 壊れた試聴機が交換されたとしたら

2016年1月2日。 

はあ? 何これ?  

仮定の話なんでね。

教訓「できるだけ試聴会で聴きましょう。」

 

 

4の試聴機交換後からのエージング時間は18日間なので、上の方の計算式にあてはめると54時間となります。

でも相変わらず人気の高い機種なので、もう少し長いんじゃないかなと思います。

自分でも、たまにしか聴かないのに何でわかるん?という気もしないでもないですが、クソ耳の戯言なんで、流していただければ結構です。

 

 

 

というツイートから数日後

https://twitter.com/owl_26/status/654249375841939456

またか。 

正直、MAVISの異変は感じなかった。

この僅か2日間で何が起こったんだろう?

たしか、MAVISの異変を感じた時も耳に装着した時に水(脂)分的なものを感じたんだけど、もしかしたらそこが弱点なのかもしれないなと。

もしそうだとしたら、日々のメンテナンスを怠るとこうなるんだろうな。 

逆に、MAVISやMACBETHとの付き合い方もわかってくるってことか。

なるほど。

 

というか、MIX WAVEのMさんはちゃんと店頭試聴機の動作確認をしてるってことが分かって、感心しました。

どこのメーカーもやってるんでしょうけどね…。

余所のメーカーの試聴機ばかり確認しちゃってる代理店の方もいらっしゃるようで。いつ余所のメーカーの製品を自分のトコ扱うことになるかわからん代理店の方なんでね、仕方ないか…とは全く思いませんが。ただの公私混同、趣味と実益を兼ねてるだけかと。

 

 

ところで店員さんは動作確認しないのん?というのもあります。

あれだけ沢山あれば、そりゃあ無理でしょ。

でも、e☆イヤホンの最大の売りが「全部聴けます」だったはず。

その武器の手入れを怠るっていうのはよろしくありませんな。

なにか方法はないもんかと。