読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 ポータブルオーディオ研究会2015冬 【ポタ研】

2015年2月14日 中野サンプラザで開催されたポタ研2015冬に行ってみました。

その時のツイートをベースに振り返ってみます。

 

 

あ。。。

そういえば、バレンタインデーでしたね。 

これが見れただけで 

もう満足。 

 

 

デザインのカスタマイズ

外装デザインを好みの色に組み合わせて注文できるとのこと。

MH AUDIOのHA-1が似たようなことやってるね。

HA-1はいかにもポタアンというカタチの中でのカスタマイズなんだけど、ココのは一見なんなのかよくわからない装いに見える分、ちょっとだけオサレ感があるような…。

例えるならアニオタとサブカルの違いみたいなもんか。 

乾電池

やはり、これがネックなんだよなあ。

と、ここでチラッと調べてみたら、カラーオーダーは終わってしまったようです。

 

いつも見かけてはいたんだけど。

ポタ研とかに毎回出展されていたので、知ってはいたものの…。

今回初めて試聴させてもらった。 

プラグのところを保護するための形状が、プラグの形状によって邪魔になるっていうのもどうなんでしょう?

 

組立講習会

に参加しようかな?

募集している時に即ポチっとすればいいんだけどね。

「まだ期間があるな」ってなって、気づいたときには参加者がいっぱいになっているっていうね。

バカは死んでも治らない。

 

 南天のど飴の缶

に見えるからそのケースは辞めようよ…っていう意見は無かったのかな?

ここで聴いたのはUNIVERSAL FITの方。

後にCIEM版はMIXWAVEの方で取り扱いが始まるわけです。

そういや、ココで長々と試聴し続けていた方がいらっしゃってイライラしてたっけ。

空腹だったということもあってだが。

教訓『こういうイベントがあるときはちゃんとゴハンを食べてから行きましょう。』

adagioの後継機まだー?

後にICP-AT500として発売されるイヤホン。

筺体を金属製にしてadagioの後継機として発売して欲しいなと…。

 

まさか、あんな事になってるとは…

噂で見聞きしただけですが、その後どうなったんでしょ?

後に64AUDIOというブランドでの扱いになるわけですが。

UF版の取り扱いはどうなるんでしょうね?

それぞれに音の個性が売り文句として確立できるんだったらアリかなと思いますが、ただドライバーの数だけの上位下位の差別化しかできないならやらない方がいいんじゃないかなと思います。

 

 須山ジャンク堂

こういうイベントなんで、新製品を試聴すること以外にも、「こんなんあるけどどう?」的な試みがもっとあってもいいんじゃないかなと思う。

例えば、メーカーが抱えてるB級品とかデッドストックとか量販店が生産終了になったからって勝手に返品してきた値札シールをベッタリ貼られてどうしようもなくなった商品とか、メーカーがブースで販売したっていいじゃない。

出展料がいくらなのか知りませんが、コマ代分ぐらいの売上は稼がないとね。

でも、そっちばかりになっても面白くはありませんが。