読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUDIO & VAPE

何かを見聴きして思ったことがあったら何かを書きます。

【AUDIO】 Ultimate Ears Triple fi.10 【テンプロ】

【AUDIO】 Ultimate Ears

 

沼に片足を突っ込んだかどうかの頃のことである。

巷で噂のテンプロというモノが長らく欠品していて、やっと入荷したという知らせを聞きつけ、秋葉原にあるイヤホン専門店に足を踏み入れる。

おそらく、それが3度目か4度目の訪問だったと思う。

その頃はとにかく知識を頭に入れるというか、どんなイヤホンが世の中にあるんだろうということで、ネット上に転がっている記事や動画を探し出して…ということが日課となっていた。

欲しい(買いたい)というよりも聴いてみたいという目的で訪れたものの、店頭に試聴機が見当たらず、店員さんもバタバタと忙しそうにしているし、声を掛けにくいし… つか、あの頃は店員さんなのかお客さんなのか区別がつかないというのが正直なところでした。

店員さんには名札が付いてるからスグにわかるのにね。

それに気付くのはもう少し先のこと。

仕方なく帰ろうとエレベーターに向かうと、他の店員さんとは違う妙に暇そうな空気を醸し出すどこかで見たことがあるようなヒトがフラ~っと現れた。

あ、動画のヒト(メガネじゃない方)だ。

その店員さんに「テンプロ試聴したいんですけど。。。」とたずねると、「少々お待ち下さい。」とレジ裏へ走っていっていってしまいました。

戻ってきたその店員さんの手にはテンプロの筐体だけがあり、「こちらへどうぞ。」と案内されたのがリケーブル用のケーブルが並んでいるコーナー。

お好きなケーブルを付けて試聴して下さいということでした。。。

いや、最初はノーマル状態で試聴するもんじゃないの?というのもあるのですが、その時、他の人が試聴中だったので、こうなったようです。

いきなり、リケーブルまで勧めるのか?ということではないと思うのですが。

そんな彼も出世されたようで、イベントやら何やらで海外に行ったりして…。

 

ほぼどノーマル。

 1度だけケーブルを外したことがあるものの、そのままそっと元に戻しただけ。

毎年12月に似たようなツイートしてやんの。

硬化具合はなかなかのもんです。

じゃあ2015年12月にまた似たようなツイートします。

リケーブル? いやぁ、まだ使えるし。

オーオタとは思えない発言… 

テンプロのイヤホンケースは至高のイヤホンケースである。

サイズといい使い勝手といい、ほんとに使いやすい。 

結構好きなんだけどね、似たようなものでも単品販売されないところを見ると…。

まあそんなもんである。

 

 

 

 

 

くみたてLabではチューニングモデルと呼ぶらしいです。

レビューらしいものも少なく、実際のところどうなの? 結構音変わっちゃうとか?…と思うわけです。

というか

テンプロお世辞にも装着感がイイとは言えない形状をしていると思います。

勝手な妄想ですが、ティッシュを鼻血が出たときに鼻に入れる時にするようなカタチ(円柱状)にして、耳に突っ込んでみたカタチが原型なんじゃないか?

そんな形状なので、装着感がイマイチになりがち。

テンプロの装着感が最悪な時は体調を崩す予兆だったりします。

ということはあるものの、装着感を何とかしたいというとイヤピースで何とかしようとするわけですが、コンプライ⇒シリコン⇒コンプライ⇒ジェルピース⇒シリコンというイヤピース遍歴を経ても、結局どれも「これだ!」っていうのがない。

ということは、もうリモールド(リシェル)しかないのかな?と…。

フジヤエービックくみたてLabの試聴会をするっていうので、聴いてみたいなと。

本命はKL-REFだったんだけど。

くみたてLabが考えるイイ音にするという方向性で作られたとのこと。

正直、全然イケてる音だと思う。

でもテンプロの色はだいぶ薄まってしまったような…

「比べるならUE900かな?」というのもTF10 KAIとUE900はクアッドドライバーだから…ということに気付いたのはこれを書きながら。

個人的な想いでいうと、テンプロの音が好きだから、テンプロの音を聴けるイヤホンが欲しいというのが一番大事なところなのかなと。

これでAAWのリシェルをしたらトンデモナイ音になっちゃったとかになったら嫌だな。

テンプロの音を維持しつつ装着感を良くするっていうコンセプトのリシェルとかって無いもんかな?

 

 

 

 

そんな折に

 テンプロの生みの親、ジェリーハービーが動いた。

これは期待していいのだろうか?

参考までに、ザックリ試算(インプレッション代は除く)。